実写版アラジンのあらすじやネタバレ口コミをまとめてみた!面白いの評判や面白くない微妙の評価はどちらが本当?

ディズニー映画が続々と実写化がされ、ついに2019年「実写版アラジン」が公開されました!

「美女と野獣」が大好評だったこともあり評判が気になりますよね。

SNSを覗いてみると

「面白い、最高!」

「面白くない、微妙」

どちらの意見もあり、見ていない方は悩みますよね・・・

ですが、私としては美しい音楽とシーンだけで無く、物語としても奥が深い映画なので是非ご覧になって欲しい映画です!

 

では、今回は「実写版アラジン」のあらすじやネタバレ口コミを紹介していきます。

まだ観てない、また観たいという皆さんの参考にしてください。

「あらすじ」「ネタバレ口コミ」があるので閲覧注意!

スポンサーリンク

実写版アラジンのあらすじ

引用元:ディズニー公式HP|アラジン

 

アラジンは、生きていくために食べ物を盗まなければならないほど貧しい暮らしをしていました。

身軽に壁を上っていくシーンは圧巻!

友人のサルのアブーといつも一緒で、子供や動物にも優しい青年。

そんなある日、街でトラブルに巻き込まれている女性を見て、アラジンはその優しさから女性を助けます。

そして、アラジンはジャスミンの美しさに心を奪われてしまします。

ナオミ・スコットのジャスミンは女性から見ても絶世の美人でした・・・

 

その女性は、実は王女だったのです。

王女のジャスミンは外に出ることが出来ず、日々政略結婚を迫られていたことにうんざりし、こっそりお城を抜け出していたのです。

「男性に頼らないと生きていけない人にはなりたくない」とお姫様というには頼もしさも感じられますね。

ジャスミンは助けてくれたアラジンの事が気になります。

しかし、二人は身分が違うせいで結ばれるにはあまりに壁が大きく、再び会うことすらかなわなかったのです。

 

そんな中、国王の忠実な部下として振る舞っていた大臣ジャファー陰で王の座を狙っていました。

アニメではかなりの悪顔でしたが、映画では驚くほどのイケメンさに見ていた女性達は釘付け。

ジャファーは「何でも願いを叶えてくれる魔法のランプ」を手に入れようとアラジンに取りに行かせたのです。

そこでアラジンは、魔法のランプを手にし、ランプの精ジーニーに出会います。

ウィル・スミスのジーニーは愉快で見ていて楽しい気持ちにさせてくれました!

 

「3つの願い」の1つをジーニーに使うことを約束し、ジーニーの協力によってアラジンはジャスミンとの再会を果たします。

しかし、二人の仲をジャファーは見逃しませんでした。

果たして二人の運命がどうなるのか目が離せません!

 

素敵な音楽や映像だけでなく、王女としての成長も楽しめる映画なので何度見ても飽きないストーリーですよ。

では、他の方はどんな感想だったか見てみましょう!

スポンサーリンク

実写版アラジンのネタバレと口コミ

引用元:ディズニー公式HP|アラジン

 

個人的な意見だと偏りが出てくるので、良かった意見、残念だった意見を見てみましょう!

「GOOD」な意見

 

やはり、感想を探してみると良い意見が多いようですね。

私の周りも「映画館で見て正解だった」と言っていました。

ディズニー映画の中でも不朽の人気を誇っている映画なので、公開時はかなり期待されていたでしょう。

「今までの映画で一番良かった」

「何回も見に来たい」

など期待を裏切らないこのクオリティは流石のディズニーですね!

 

ファンタジーアニメを実写化するのは現実的に限界があるのですが、実写版ならではの表現で観客を魅了しています。

実写ならではの物語の立体感や音楽の華やかさ、何よりキャストの魅力をたっぷり感じられるので何度見てもワクワクしてしまいますね!

個人的にはウィル・スミスのジーニーが楽しくてはまってしまいました。

 

「Bad」な意見

 

原作に思い入れが強い方には、実写化の限界についての感想がありました。

ジーニーの魔法の規模などの指摘もあり結構辛口ですね。

意外にも海外では賛否両論のようです。

他にも「ウィル・スミスのキャラが強すぎて、ジーニーではなく青いウィル・スミスにしか見えない」といじられていた事もありました。

確かにキャストのインパクトが強すぎるせいか、キャラに合っているキャスティングではありますが物語に集中出来ない方もいらっしゃったのですね。

また、辛口コメントの中には「文化にあっていない」などの評論家の方の意見が多いので、一般の人からはほとんど高評価のようでした。

皆さんのそれぞれの感じ方があるので、多方面からの意見を比較するのも映画を見るときに面白みが増しますね!

スポンサーリンク

実写版アラジンは面白い?面白くない?

引用元:ディズニー公式HP|アラジン

 

他の方の評価もありますが、評判通り個人的には実写版アラジンは「素晴らしい映画」です!

日本での観客動員数が3日で約96万人歴史的な大ヒットとなりました。

勿論有名なディズニーアニメの実写化という理由も一つですがそれだけではないんです!

どんなところに注目すれば良いかを紹介していきますね。

 

演出がすごい

ファンタジーアニメを実写化すると聞くと

「魔法などが再現できるのだろうか」

「アニメと全然違う仕様になっている微妙な映画にならないか」

と不安になることはありませんか?

昔から愛されている映画ですから、アニメのままで十分と感じる方もいるでしょう。

実際に存在しない国を再現するのもかなり困難ですよね。

 

しかし、今回の実写化ではグラバーを見事に再現し、美しい風景、衣装なども忠実に再現していました!

また、美しいシーンだけではなく、アクションにもこだわっているので原作への思い入れの強さを感じられます。

 

キャスティングがすごい

 

アラジンが実写化するとなれば期待が高くなり、キャスティングがどうなるのかも気になりましたよね。

実際の主人公達のキャストを見て「聞いたことないぞ」なんて思った方沢山いらっしゃったかと思います。

なぜ話題作に無名の方を抜擢したのでしょうか。

それは、キャラクターへのこだわりが理由の一つだったのです。

 

ハリウッド俳優の中で東洋系の俳優が乏しく困難な状況にありました。

そして、ビジュアル、歌唱力がぴったり合ったのが今回のメンバーだったのです。

 

また、楽曲にも魅力が沢山あります。

今回「ラ・ラ・ランド」などの大ヒット作の楽曲を手がけている方々が参加されていたのです。

キャストの美しい歌声に魅力的な楽曲が加わっているのも素晴らしい映画となった理由の一つでしょう。

演出・キャスティングの他にも細かいとことまで忠実に再現させ、実写の魅力を最大限に引き出しているので素晴らしい映画が出来上がったのですね。

本文500文字程度。

映画を見た自分の感想として、全面的に気持ちを表現して頂いてOKです!!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

今から見ようかと考えられている皆さんに今回は「実写版アラジン」のあらすじ、ネタバレ口コミを紹介しました。

映画の評価を調べて見ると「面白い」「面白くない」の評判が様々かと思われます。

それは、個人の視点の違いなのでどちらも正しいのでしょう。

しかし、それで映画自体を評価して観ないのは勿体ないです!


「再現性の高さ」「キャスト・楽曲の演出」どれをとっても豪華で繊細さは世界でもトップクラスの映画です。


素晴らしい映画なので、DVDが出ることが待ち遠しいですね。是非ご覧になることをオススメします!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。