実写版ダンボの子役は誰?母親と父親は?母親はあの女優だった?

ディズニー実写版『ダンボ』で、可愛い上に演技が絶妙と賞賛をあびる子役がいます。

思わず吸い込まれてしまいそうな程の、大きな瞳の彼女の名前はいったい誰?

名子役の母親、父親は誰?

なんと母親はあの名女優だった?

という事で気になったので、さっそく調べてみました。

スポンサーリンク

実写版ダンボの子役は誰?

冒頭からお伝えしている、ひときわ可愛い子役の名前は『ニコ・パーカー』さんです。

ニコ・パーカーのプロフィール

彼女のプロフィールについて調べてみましたが、なんとこのダンボがデビュー作!

年齢は14歳で、まだ情報はほとんどありませんでした!

キリッとした顔立ちに、どこかあどけなさと可愛らしさを兼ね備えた彼女の活躍に、今後も期待大です!

スポンサーリンク

実写版ダンボの子役は誰?母親と父親は?

ニコ・パーカーさんの母親と父親は?との事で調べてみました。

母親の名前は『タンディ・ニュートン』。

父親の名前は『オル・パーカー』でした。

この時点で既に、お気付きの方も居るかと思いますが、実はこの二人、とんでもなく凄い人達だったんです。

ダンボ子役の母親は?

まずは母親のタンディ・ニュートンさん。

彼女は、映画『M:I-2』や『クラッシュ』などの名作に出演する、名女優さんです!

タンディ・ニュートンさんの詳しい情報も、こちらにまとめてみました。

ダンボ子役の父親は?

続いて父親のオル・パーカーさん。

彼も凄いです!

映画『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』などの超人気作品の監督として、その実力を示しました。

オル・パーカーさんの詳しい情報は、こちらにまとめてみました。

(現在記事作成中です。)

スポンサーリンク

実写版ダンボの子役は誰?母親と父親は?母親はあの女優だった?

本作で長編映画デビューを果たしたニコ・パーカーさん。

母親はあの超有名女優のタンディ・ニュートンさんで、父親は名監督のオル・パーカーさんだという事が分かりましたね。

そんなニコ・パーカーさんは作中で、サーカスの元看板スターだった父ホルト(コリン・ファレル)、弟ジョー(フィンリー・ホビンズ)と一緒に、大きな耳を持つ子象・ダンボの世話をするミリー役として、活躍しています。

ダンボに寄り添い、弟と共に絆を深めていく重要な役割を、映画の冒頭からエンディングまで出演し続けるニコ・パーカーさん。

サーカスよりもサイエンスに興味を持ち、好奇心と自信にあふれる少女の役を、穏やかに、それでいて一本筋の通った演技で私達を魅了してくれています。

 

そんなニコ・パーカーさんと弟のジョーを演じるフィンリーのことを、「真の才能の持ち主」とプロデューサーのデレク・フライも絶賛しています。

二人と一匹の小象の繋がりを中心に回っているお話の「感情的な核を作り上げてくれるだろう」と確信したと言います。

その期待に応えるように、ニコ・パーカーさんは確実に爪痕を残しています。

 

そんな二人が出演するダンボは、『チャーリーとチョコレート工場』『アリス・イン・ワンダーランド』などを手掛けたティム・バートン監督が指揮を取っています。

ストーリーだけではなく、今後の活躍が期待される名子役の演技にも是非、注目されてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

顔立ちの整った素敵な子役さんが現れたと思ったら、ご両親の遺伝子をしっかりと受け継がれていましたね!

今後もニコ・パーカーさんから目が離せません!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。