毒餌ハトに与えて100匹死?大東文化大学准教授を逮捕?画像や経歴は?衝撃の犯行理由も?

 

衝撃的なニュースが入ってきました。

東京都北区の公園で殺虫剤の成分を含んだ米をハトに与えたうえで、命を奪ったとして、警視庁赤羽署は今月3日に、ある男を逮捕しました。

2016年4月ごろから、公園でハトが不審死を繰り返す事件が頻発しており、累計で100匹以上も死んでいる事から、本事件との関与も含め警察が捜査を続けています。

犯人はあの大東文化大学の准教授とう事で、名前や画像、経歴は?

衝撃の犯行理由から逮捕に至るまでの経緯など、調べてみました。

スポンサーリンク

独餌ハトに与えて100匹死?大東文化大学准教授を逮捕?

さて今回の事件の内容からお伝えして行きます。

今回逮捕されたのは、大東文化大学准教授の藤井康成容疑者(51)です。

逮捕容疑は鳥獣保護法違反の容疑が課せられています。

逮捕理由は1月13日午前11時半ごろ、東京都北区神谷2の区立神谷公園で殺虫剤にも使用される劇物メルソルを含ませた米を、公園内のハトにまき、カワラバト4羽を死なせた疑いが持たれている。

藤井容疑者は容疑を認めており、劇物メルソルに関しては、インターネットを通じて購入したと供述しているそうです。

なぜ藤井容疑者が判明したの?

警察によると、同公演付近の防犯カメラの映像から藤井容疑者が浮上したとの事です。

容疑をかけられた後、自宅内を家宅捜索したところ、メルソルを含む薬品や鳥の餌などが見つかった為、逮捕に至りました。

スポンサーリンク

藤井康成容疑者の画像や経歴は?

冒頭でもお伝えしていますが、藤井容疑者は大東文化大学の准教授です。

こちらが逮捕当時の藤井容疑者の映像写真です。

生年月日や住所などの詳しい情報はありませんでした。

【経歴】

  • 2004年 オーストラリア国立大学大学院人文科学研究科博士課程修了
  • 2006年 東京電機大学理工学部英語インストラクター
  • 2009年 大東文化大学外国語学部英語学科専任講師
  • 2019年 大東文化大学外国語学部英語学科准教授

驚きなのは、大東文化大学准教授に就任したのは、今年に入ってからの事という事で、就任後間もなくの逮捕だったという事ですね。

大学側からしたら、新入学生を迎え入れたばかりでの突然の出来事に痛手を負っている事でしょう。

ちなみに、以下の文章は藤井容疑者が学生に向けたメッセージです。

藤井容疑者コメント
日々の学生生活において、かけがえのない時間を有意義に過ごす事は、自分を大切にすることです。

沢山遊んだら、沢山勉強もして下さい。

でも「英語は好きでも苦手」「勉強方法が分からない」という学生が多いのも事実です。

そんな皆さんの為に、いつでも相談にのります。

私はこんな非常識な方に相談なんてしたくありません。

スポンサーリンク

藤井容疑者の犯行理由は?

家の近くにハトが来るのが嫌だったから。

衝撃を受けました。

なんて身勝手な理由で動物の命を奪うのでしょう。

ハトが嫌なら、自分がその場所から居なくなれば良いのに。

大学学院准教授という権威ある立場でありながら、こんな常識的な事も判断出来ないなんて驚くしかありません。

警視庁は、類似する事件について、藤井容疑者の余罪の有無についても慎重に捜査を行っているとの事です。

引き続き最新の情報が入り次第お伝えしていきます。

スポンサーリンク

まとめ

所属する母体が大きいだけに、ニュースでもあっさり実名と顔が公開されてしまいますね。

だからという訳ではないですが、権威ある立場で、今後将来のある学生に向けて情報を伝えていく立場にある人間が、こういった事件を起こす事は非常に残念な事です。

今後大東文化大学がこのような逆境にも負けずに、更なる発展をしていく事を切に願います。

最後までお読み頂きありがとございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。