夢の実現に必要なことはアウトプットと習慣化。

叶えたい夢がありますか?

例えば実現する為にはなにをしたら良いですか?

夢って枠組みでなくても、身近な短期目標でも、なりたいビジョンになる為には皆共通して言える大切なことが。

 

この記事では夢の実現を目指す方が、どういった意識を持って生活するのか、僕の所感を解説していきます。

あなたはこの記事を読むことで、『じぶんで運命を切り開いていくことの楽しさ』を知ることが出来ますよ!

スポンサーリンク

考えを言葉にしてアウトプットする

まずは夢を、他の人に発声して下さい。

または教えてもらった新しい知識を、じぶんの知識かの様に、話してみてください。

 

僕達は普段から、目にし、耳にし、口にして、さまざまな情報で頭に刺激を与えているのです。

 

これらの刺激は、頭の違う部位に刺激を与えるわけですが、頭で考えた事を声に出して示す事で、単に夢や目標のイメージよりもずっと、頭はその情報を記憶しようとするのです。

知識や思考が、意識せずとも自然と、頭の中に入り込んでくるのです。

 

夢をアウトプットすれば、同時に思いは頭にインプットされて、結果的に夢を叶えねばならん!という状態になっていくのです。

スポンサーリンク

アウトプットの次は行動

思いを言葉に変え、今度は行動に移しましょう。

例えば、仕事で覚えたことでも良いです。

先輩に教わった技術を、アウトプットで後輩に伝えます。

後は、教わった技術をじぶんが行動して実践していくんです。

 

何度も繰り返し行います。

始めは辛いし、面倒だと感じるはずです。

それまでにない行動をする訳ですから。

 

でも繰り返すと次第に、面倒だと感じずに、無意識に実践出来てしまうんです。

スポンサーリンク

続けると習慣化する

面倒な行動や動作も、繰り返し実施すると習慣に変わります。

そしたら、抜け出す事は困難です。

 

ただ良いとしましょう。

習慣化すると、夢の実現に必要な行動がストレスのない状態で継続出来る。

まずはこの状態になるまで、決して諦めないのが重要です。

スポンサーリンク

習慣はいつか人格の変化も?

習慣を継続する事で、人格を構築すると思っています。

別の記事でもお伝えしましたが、僕は幼少期に我慢をし続けました。

そのまま習慣となり、我慢し続けてしまう僕という人間が完成しました。

これは悪い例です。

 

でもこのやり方でいけば、多少強引でも習慣を良いものに変化させられたら、性格や人格も更に良いものに出来ると考えられると思います。

 

僕は生まれながらに性格や人格が決まっているとは考えていません。

育つ環境や関わるひと、生活により個別性が生まれると思います。

人格の変化は運命をも変える

よく想像してみて下さい。

じぶんの周りに居るひとを。

似た人格や、じぶんと相性の良い人と結びつく確立の方が高いですよね?

 

どんな性格の人に対しても、じぶんが信頼出来る誰かが居るということです。

つまり人格そのものが、自分の生活を取り巻く人間関係にまで影響を与える訳です。

 

人は、似た性質を持ったもの同士でグループ化する事が多々あります。

その為、あなたが夢の実現の為に必要な行動を習慣化させることが出来れば、必然的に同じ経験をした人間が目の前に現れるんです。

 

これがとっても大事で、似た考えを持っている仲間が増えると、人間の作業効率は格段に上昇します。

だから、夢や目標を達成するのに必要な環境を自ら構築出来る訳です。

僕は人間関係にこそ、人の運命を左右すると思っています。

人格の変化は、人間関係を変化させ、最終的に運命も変えることに繋がるのだと思っています。

まとめ

今回は、夢の実現に必要なことについて解説しました。

大切なのは

  1. 考える
  2. アウトプット
  3. 行動
  4. 行動を習慣化

これを確実に行いじぶんで運命を切り開いていくことです。

あなたの夢が叶うも叶わないも、まずは一言声に出すことから始まります。

運命は案外簡単に変えられるのかもしれませんね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。