ハンチカの家族のキャストを画像付きで一挙紹介!パラサイトの出演者の演技が絶妙な訳とは?

パラサイト半地下の家族(ハンチカの家族)がアカデミー賞作品賞を受賞し、話題となっていますね!

私も映画館で観賞しましたが、本当に良く出来た作品で、とても満足しています!

また、作品中は出演したキャストの演技が絶妙に、面白いかつ不気味で、こんな俳優さん居たんだ!
と感動してしまう程でした!

この記事では、そんな話題の作品であるパラサイト半地下(ハンチカ)の家族のキャストを一挙にご紹介すると共に、出演者の役どころについても解説して行きたいと思います!

是非最後までお楽しみ下さい。

スポンサーリンク

ハンチカの家族キム一家の紹介

キム・ギテク役(父親)/ソン・ガンホ

まずは物語の主役となるキム一家の大黒柱であるキム・ギテクを演じたのは、ソン・ガンホさんです!

1967年1月17日に誕生した彼は現在57歳。

韓国は金海市出身で、演劇界から俳優としてのキャリアをスタートさせました!

『豚が井戸に落ちた日』で映画デビューを果たすと、大ヒット映画の『シュリ』を始めとする数多くの映画に出演をしてきました!

ポン・ジュノ監督の作品への出演は本作が4作目となり、監督からの信頼も厚いというベテラン俳優の一人です!

作品中では、『パラサイトする側』のキム一家の大黒柱として登場しますが、冒頭から父親としての威厳は一切なし。

でも何故か憎む事は出来ず、ユーモアに溢れた存在として登場します。

また、パク一家の大黒柱であるパク・ドンイク氏の運転手として、パク家に徐々にパラサイトして行きます。

何もかも上手く行くと思われた計画は、ある臭いをきっかけにあっという間に崩れて行きます。

『計画を立てると大抵の事は失敗する。』そう言い放った彼の真意はどの様なものなのか?

パラサイトした後彼を待ち受ける結末は・・・。

キム・チュンスク役(母親)/チャン・ヘジン

パラサイトする側の影のボスとも言うべき、母親の役を熱演したのは、同じく韓国出身のチャン・ヘジンさんです。

1975年9月5日生まれの彼女は現在44歳。

『クリスマスに雪が降れば』で映画デビューを果たしたチャン・ヘジンさんは本作では非常に重要な役割を演じています。

半地下という生活環境の中で、家族内に起きている問題と、子供達への深い愛情との間で揺れ動く母親としての立場と共に、パラサイトする側の人間として、パク一家の家政婦として作戦の舵取りを行って行きます。

そんな彼女は、元ハンマー投げのメダリストという事で、甲斐性なしの夫ギテクに喝を入れる肝っ玉母ちゃんです!

彼女がパク氏の家で家政婦をする事になり、前任の家政婦はクビになる訳ですが、この前任の家政婦が『何か』を隠している・・・。

パク一家が不在のある大雨の日、キム一家のパラサイトに終わり告げるかの様に前任の家政婦が家を訪ねてきます。

その対応をした、新家政婦であるチュンスクは前任の家政婦が地下の倉庫に行った後を追う事で、パク家に隠されたある秘密を知る事になります。

『同業者』と呼ばれたその訳は・・・?

キム・ギウ役(息子)/チェ・ウシク

キム一家の長男である彼は、大学受験に度々失敗を繰り返しており、ある意味で受験のプロとして物語の重要な鍵を握る事になります。

1990年3月26日生まれの彼は、ソウルの特別市出身の現在28歳。

幼少期はカナダで生活し、テレビドラマの『チャクペー相棒ー』で俳優デビューを果たすと、その後も数多くのドラマや映画へ出演を果たし、青龍賞を始めとする新人賞など数多くの賞を受賞し、実力派若手俳優として韓国では特に注目された俳優の一人です。

ポン・ジュノ監督の作品としては本作品が2作品目となります。

キム一家の長男である彼は、些細な事をきっかけにパク一家の長女の家庭教師を担う事になります。

物語は彼が家庭教師としてパラサイトし始めた事をきっかけに急展開を迎えますので、本作品のキーマンとも言える存在です。

彼の計画によって、キム一家は次々とパク一家に寄生していきます。
それは家族であるという事を偽って・・・。

また、作中では家庭教師の生徒として英語を教えるパク氏の長女と恋仲に発展し、本当の自分とパク一家との間では決して埋まる事のない格差に、悩み揺れ動く純粋な青年の感情も熱演しています。

いけない事をしているのに、どこか応援したくなるキム一家の色はこのギウが醸し出している様に私は感じています。

また責任感が強く、パク一家の秘密に触れた後は、キム一家を守る為に命をかけますが、元来ドジでおっちょこちょいなのでしょう。

彼が望む未来はことごとく遠のいて行くのです。

そして物語の結末で彼の記憶にある変化が・・・。
一体彼は本当の幸せを掴む事が出来るのでしょうか・・・。

キム・ギジョン役(娘)/パク・ソダム

家にお金がない為に予備校に通う事が出来ないが、スキルだけはピカ一!
美大に通う事を夢見る彼女は、頭キレキレの技巧派です!

そんな役役を演じるパク・ソダムさんは1991年9月8日生まれの28歳。
韓国出身で、実際の彼女は美術総合学校演劇院を卒業しています。

卒後は、『スティール・コールウィンター~少女~』で映画デビューを果たし、その後も数多くの映画作品に出演しています。

作品の為に、女性でありながら丸刈りして挑むなど徹底した役作りが絶賛される若手実力派女優の一人です!

作品中は、パク一家の長男の美術の家庭教師としてパラサイトします。

前任の運転手をクビにする為に色仕掛けをけしかけたり、ネットで収集した情報を元にパク一家の妻の心を鷲掴みにするなど、本当に頭の切れる役どころです!

しかし、中身は年ごろの女の子。
作品の所々には、彼女がキム一家で抱えている悩みを爆発させる瞬間が見え隠れし、人間らしい一面を見る事が出来ます。

そんな彼女が、夢半ばで命を落としてしまいます。
パク一家に隠されたある秘密が、彼女の命を奪う大きなきっかけに・・・。

一体彼女の身に何が起きてしまうのでしょうか・・・?

ミニョク/パク・ソジュン

キム・ギウの友人で超エリート大学生。

自身が留学する事をきっかけに、ギウにパク家の長女の家庭教師をして貰うように依頼する。

パク家の長女に恋心を抱いている。

1988年12月16日生まれの彼は、現在31歳であり、端正な顔立ちから日本にもファンが多い人気俳優の一人です!

スポンサーリンク

ハンチカの家族パク一家の紹介

パク・ドンイク/イ・ソンギュン

誰もが尊敬するIT企業の社長である彼は、キム一家と相反する富豪で高台の家の主で、やはり物語の重要な役の一人です!

1975年3月2日生まれの彼は、ソウル特別市出身の44歳。

ミュージカルで演劇の舞台にデビューを果たし、2007年の大ヒットドラマ『白い巨塔』の出演をきっかけに、魅力のある俳優として人気が沸騰しました!

顔立ちも端正であり、日本のファンも非常に多い役者さんです!

作品中では、一見して家庭を顧みない仕事人間かと思いきや、家族を一番愛する優しい父、夫としての一面を持ち合わせています。

正に幸せを絵に描いた様な家族の大黒柱ですが、キム一家のパラサイトをきっかけにその幸せは少しずつ崩れて行きます。

彼が感じたある『臭い』というのは、やはり間違っていませんでした。

一度狂った歯車は、二度とかみ合う事はなく、最後にはパク・ドンイク氏も命を落としてしまいます。

一体誰に、どの様にしてその命を奪われてしまったのでしょうか・・・。

パク・ヨンギョ/チョ・ヨジョン

若くて美人なパク氏の自慢の妻はとってもシンプルな方!

彼女は1981年2月10日生まれの39歳!
この容姿で39歳なんて信じられませんね!

ソウル特別市出身の彼女は、モデルとしてデビューを果たすと、その後は確かな演技力で数多くの作品に出演を果たしています。

また、彼女の魅力は体当たりの全力演技で、これまで出演した作品では思わず目を疑うような過激な描写にも堂々の演技で挑戦しています。

そんな中『情愛中毒』で、本作のポン・ジュノ監督の目に止まりキャスティングが実現しました。

パラサイト半地下の家族本作中にも、局部は見えない物の突如訪れるパク氏との過激な絡みには、映画館内で気まずく感じた方も少なくはないのではないでしょうか。

男性にとっては非常に有難い、美しい女優さんなので、過去の作品も含め今後更に注目が集められる存在なのではないでしょうか?

物語の中では、彼女の純真でシンプルな性格が、キム一家のパラサイトを急加速させるきっかけとなっており、とても重要な役割を果たしていますので、是非お楽しみに・・・。

パク・ダヘ/チョン・ジソ

高校2年生の受験を控えたパク氏の長女役!

1999年9月17日生まれの彼女は、ソウル特別市出身の20歳です。

顔はあどけなく見えますが、立派な成人です!

中学1年生まではフィギュアスケーターとして活躍していたという異色の経歴の持ち主である彼女は、その後女優へ転職し、数多くのドラマや映画に出演を果たしています。

本作品公開後は、『可愛すぎる』や、『こんな子の家庭教師してみたい』など、日本での人気が密かに沸騰しています。

今後更に注目される事間違いなしですね!

実際に彼女のInstagramを拝見しましたが、確かに可愛い・・・。

経歴も見た目も、日本の本田望結ちゃんと近い存在に感じます!

作品中では、家庭教師として来たギウと、教師と生徒の壁を超える恋仲に発展していきますが、それは叶わぬ恋・・・。

結末では、ギウとの悲しい別れを迎える事になります。
年ごろの彼女の熱演を是非ご覧下さい!

パク・ダソン/チョン・ヒョンジュン

パク一家の長男である彼は、トランシーバーが大好きな奇抜で感度の高いわんぱく息子です!

2011年11月8日生まれの彼は、現在8歳!
8歳で出演した作品がアカデミー賞を受賞するなんて、本当に凄い経歴ですよね・・・!

これまでに、『あなたはひどいです』などのテレビドラマに出演を果たし、今後を注目される実力派子役の一人です!

作品中は、サバイバルが大好きな少年を演じており、トランシーバー片手に庭のテントで寝泊まりするなど、かなりのわんぱくぶりを発揮しています。

また、モールス信号の読解なども出来、自宅の階段の上にあるライトの変化や、キム一家の『ある臭い』にいち早く気付きます。

その事が物語の進展に実に大きな影響を与えており、ある意味作中のキーマンとも言える役を熱演しています!

可愛いだけではない、彼の魅力たっぷりの演技を是非ご覧下さい!

ムングァン/イ・ジョンウン

家の事は『何でも』知っている家政婦・・・。
パク一家から絶大な信頼を置かれる彼女は、キム一家のパラサイトにて職を解雇されてしまいます・・・。

1970年1月23日生まれの彼女は、ソウル特別市出身の40歳。

舞台で女優デビューを果たすと、その後は確かな演技力とユーモアなキャラクターを武器に数多くの映画やドラマに出演しています!

ポン・ジュノ監督の作品は本作が3作品目であり、監督からの信頼も厚い女優さんです!

作品中では、絶対的な信頼を置かれる家政婦の役から一変、不気味な女性へと変貌を遂げます・・・。

その不気味さは、パク一家に隠されたある秘密によるものでした・・・。

キム一家を『同業者』と呼んだその真相の全てが、彼女の握る秘密に隠されています。

スポンサーリンク

パラサイト半地下の家族キャストまとめ

さてここまで、パラサイト半地下の家族(ハンチカの家族)のキャストと、出演する役どころについて解説して来ました!

アカデミー賞受賞により更に注目が寄せられる本作品の魅力を、出演するキャストを知る事でより一層感じて頂ければ嬉しいです!

今後も、各キャストが出演する作品には、注目する必要がありそうですね!

既にご覧になった方も、まだ観ていない方はもちろん、是非パラサイト半地下の家族をご覧になってみて下さい!

また、奇才と称される名監督『ポン・ジュノ』の過去の作品も是非チェックしてみて下さいね♪

最期までご愛読下さいまして、ありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。