【画像】広永哲成容疑者(さくらももこ偽サイン)の顔写真やTwitterと会社はどこ?尾田先生のサインも販売していた

『ちび丸子ちゃん』でお馴染みのさくらももこさんや、国民的人気漫画『ワンピース』の作者である尾田栄一郎先生のサイン色紙と偽ってオークションサイトに販売した上、お金をだまし取ったとして広永哲成容疑者(ひろながあきなり・35)が逮捕されました。

この記事では、さくらももこさんや尾田先生のサインを偽装し販売した、広永哲成容疑者の顔写真やTwitterから、プロフィールや会社の所在地、更には販売されていたサイン色紙の画像などまとめてみました。

スポンサーリンク

偽サインを販売したとして広永哲成容疑者を逮捕

サンスポ記事より

徳島県警は今月13日に、インターネットのオークションサイトで漫画家であるさくらももこさん(故人)の偽のサイン入り色紙を販売したとして、詐欺の疑いで徳島市の会社員である、広永哲成容疑者(35)を逮捕しました。

広永哲成容疑者は犯行容疑を認めているとの事です。

本事件における逮捕容疑は昨年2018年9月に「ちびまる子ちゃん」で知られるさくらももこさんの偽のサイン入り色紙を出品し、落札した東京都の40代の男性看護師から約1万3700円をだまし取った疑いが持たれています。

県警によると、広永容疑者は別のオークションサイトで見つけた色紙の画像を元に作ったと供述しているそうです。

また広永哲成容疑者は国民的人気漫画「ONE PIECE」の作者、尾田栄一郎さんの偽物とみられるサイン入り色紙も過去に出品しており、県警は余罪についても調べているとの事です。

漫画好きとしては、作者の方のサインや、実際に手書きされたキャラクターのイラストは本当に価値のあるものですよね。

それを偽って作成し、販売した上、本当にファンの方からお金を騙し取るなんて、本当に酷く軽率な行動だと思います。

偽サイン販売は広まっていた?

調べてみると、今回広永容疑者が逮捕されたケースと類似して、明らかに作者のものではない仕上がりのサイン及びイラストが販売されているという声が多くありました。

国内のネット販売サイトは有名どころではかなり限られてくるので、探したら結構な数の詐欺販売が発見出来るかもしれませんね。

いずれにしてもファンの気持ちを踏みにじる様な行為ですから、絶対に辞めて欲しいと思います。

スポンサーリンク

広永哲成容疑者のプロフィール

広永哲成容疑者

名前:広永哲成(ひろなが てつなり)

年齢:35歳

性別:男性

住所:徳島市八万町千鳥

職業:会社員

広永哲成容疑者が住む住所をマップで確認してみました。

こちらが、広永哲成容疑者が住む住所周辺のマップです。

この中のどこかで詐欺販売をする為の作品を作り上げていたのでしょうね。

広永哲成容疑者の書いた偽造作品

こちらが、広永哲成容疑者が偽造した作品の画像です。

悔しいですが、模写の能力は高い様に感じてしまいました。

まったくの素人が書いたような下手な作品であれば、すぐに気がつくのかもしれませんが、実際にこのレベルの作品がネット上で販売されていたら、私が購入したいユーザーだとしたら気付かずに購入してしまうかもしれません・・・。

スポンサーリンク

広永哲成容疑者の顔写真やTwitterは?

こんな偽造作品を作った広永哲成容疑者とは一体どのような人物なのか、早速調べてみましたが、残念ながら顔写真の公開はされておらず、Twitter上にも本人と思わしきアカウントは存在しませんでした。

今後捜査が固まり、状況が進展すれば、顔画像の公開などもあるかもしれませんね。

引き続き情報が更新され次第お伝えしていきます。

また会社名も当然ながら公開されていませんでしたので、こちらも合わせて、最新情報が入り次第お伝えしていきます。

それでは最後まで、お読み頂きありがとございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。