パトカーに追われバイク事故を起こした少年は誰?顔画像や経歴が発覚?搬送された病院は?

4月15日の夜中神奈川県の茅ケ崎市で赤信号を無視した2人乗りバイクが、パトカーに追跡された結果、別のバイクと衝突し、後ろに乗っていた18歳の女子大生15日夜、神奈川・茅ケ崎市で赤信号を無視した2人乗りバイクが、パトカーの追跡中に別のバイクと衝突し、後ろに乗っていた18歳の女子大生の斎藤真夕さんが死亡しました。

事故は15日午後10時半ごろ、茅ヶ崎市菱沼海岸の国道134号線の交差点で、2人乗りのバイクが右折してきたバイクと衝突する事故を起こしたとされており、バイクを運転していた少年が病院に搬送されたとの事です。

警察によると、事故の直前、2人乗りのバイクが赤信号を無視したため、パトカーが追跡していたそうです。

悲しい事件に驚きを隠せませんが、今回の事件では被害者の斎藤さんのみが実名で報道されています。

運転してた少年は誰なのか、顔画像やSNSはあるの?

搬送された病院はどこにあるの?という事で早速調べてみました。

スポンサーリンク

パトカーに追われバイク事故を起こした少年は誰?顔画像や経歴が発覚?

事故を起こした少年のFacebookやTwitter、Instagramを探してみましたが、有力な情報はありませんでした。

年齢が10代という事で、今回の事件にて名前が公に公開される事は可能性低そうですよね。

ネット上では、被害者の女性だけが実名報道されて、少年の名前が報道されないのはおかしい!

といった否定的な声が相次いでいます。

ネット情報から少年の情報が入り次第、随時お伝えしていきます。

スポンサーリンク

少年が搬送された病院は?

今回事故の発生後、斎藤さんは命を失いましたが、運転していた少年と、巻き込み事故を受けた運転手の男性は双方とも病院に搬送されています。

そこで搬送された病院を調べてみました。

事故が発生したのは、神奈川県茅ケ崎市の国道134号線交差点での出来事という事ですから、交通外傷に対応出来る3次救急対応の病院が近くにないか検索してみました。

検索結果から、大手救命救急センターを有する病院で、比較的事故現場から近い位置にあるのは、『東海大学医学部付属病院』か『聖マリアンナ医科大学病院』のいずれかの病院でした。

もちろん事故の程度により、二次救急で受け入れを行った可能性も否定出来ませんが、斎藤さんが亡くなる程の事故であった事と、パトカーから逃走しようとしていたのであれば、相当なスピードが出ていたはずですから、やはり大きな衝撃を受けた事故になっていたのではないかと思います。

こちらも詳細な情報が入り次第随時お伝えしていきます。

スポンサーリンク

まとめ

現時点で有力な情報が少ない状態であった為、今後も新しい情報が入り次第随時お伝えしていきます。

最後までお読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。