ジョーカー映画2019を考察してみた!傑作なのに危険と警戒されている理由を解説

ただいま全国で大ヒット上映中の、2019年公開の映画「ジョーカー」をもうご覧になられたでしょうか?

実はこの2019年公開の映画「ジョーカー」は傑作と評価されている一方、アメリカでは警戒されているほど危険だと言われている作品なのです。

何故、世界中で「ジョーカー」は傑作だと評価されているのにも関わらず、アメリカでは危険だと警戒されているのでしょうか?

今回はこの記事を読んでいただいてるあなただけ特別に、その理由を探って考察したことをお教えするとともに、読みながら一緒に考察していきたいと思います♩

スポンサーリンク

JOKER映画2019は傑作と評価!

まずは映画「ジョーカー」が傑作と世界中で評価されているほどの素晴らしい作品です。それは何故か?というと…

このブログの別の記事でご紹介したように、DCコミックにおけるバットマンの宿敵であるジョーカーは、これまでいくつもの映像作品に登場し、その度に名優達がそれぞれ異なる個性を持ったジョーカーを生み出してきました。

そんな中で、俳優のホアキン・フェニックス さんが演じるジョーカーは、これまでの様々なジョーカー像を“解読する”役割を果たしているのです。

正確にいうと本作品の「ジョーカー」は、ヴィランとしてのジョーカーが主人公なのではなく、極めて人間的であり、孤独を抱えながらもどうやって人生を立て直したらよいか分からない、社会から忘れられたひとりの孤独な青年アーサー・フレックについての物語です。

そのあらゆる悲劇に見舞われ、富める者あるいは成功者といった強者によって踏みつけにされたアーサーの怒りが、ゆっくりと静かに、だが確実に爆発する過程を描いています。その怒りに共感し、暴徒と化したピエロたちによるゴッサム・シティの“炎上”は、まさに彼らの魂の叫びなのです。

衣装をまとったアーサーは、ときにスタイリッシュにさえ見えるのだが、そのおどけた仕草で踊ったり、走ったりする姿には、狂気というより、得も言われぬ悲しみが漂います。

「これまでの人生は、悲劇だと思っていた。けれど、人生は喜劇だ」

こう言ったアーサーもといジョーカーの言葉は、この作品を観た後では深く胸に突き刺さりました。

コミック派生のキャラクターの枠に留まらない「ジョーカー」はまさに傑作となった作品であることが感じられると思います。

スポンサーリンク

ジョーカー映画2019は危険と警戒されている?

傑作と評価される一方、映画「ジョーカー」は危険だと警戒されているのです。

アーサーは「トゥレット障害」により突然笑い出す癖から周囲に「気色悪い」と距離を取られ、時には暴行を受け、コメディアンを目指すアーサーがいくら面白いと思うネタを作っても誰も笑わない、社会の爪弾きものであり続けるアーサーの姿は痛々しいと同時に、極めてリアルでもあります。

他者との接点を作るために、自分が面白いとも思っていないことで甲高く笑い続けるその姿は、ピエロを演じるコミュ障そのものです。

口下手なアーサーの複雑な表情と奇怪な行動の中で、アーサーの狂気の中に埋もれた普遍的な人間性を見事に演じたホアキン ・フェニックスさんの怪演により、多くの人はアーサーという人間の生き方に自身を重ね、アーサーの痛々しい日常に感情移入してしまうのです。

経済的に恵まれない、社会に適応できない、周囲と打ち解けられない、他人の感性が理解できない、これらに一つでも当て嵌まった瞬間、スクリーンの道化が他人事ではなくなってしまい、

「これまで生きてきて、自分が存在しているのかもわからなかった」

こう言ったアーサーの言葉が突き刺さる人も多いと思います。

 

アーサーが突発的に富裕層の証券マン3人を、自己防衛のために射殺してしまったことが新聞やテレビを通じて人々に浸透し、貧困層に肯定的に評価され、市民はアーサーを真似してピエロの仮面を被って各地でデモや暴動を起こしてしまいます。そこでアーサーは、

気に入らない人間たちが死んだり、苦しむ様はどんなジョークよりも「ウケる」

そう理解してしまい、自身の憎悪と憤怒をテレビを使って拡散し、それに感化された市民は次々と暴動を起こし、ついにアーサーは「ジョーカー」として彼らの精神的な支柱となります。アーサーに感情移入した人間ほど、爆炎の中でダンスを踊る悪魔の姿に共感してしまうでしょう。

「自分を虐げてきた社会を破滅へと追いやる」

この欲望を叶えてくれる「ジョーカー」は、多くの人にとって70点以上の作品です。それ故に、一部の映画評論家の間では、この作品が社会に与える影響について懸念する声が挙がっているそうです。

「この映画で暴力を引き起こしてしまうのではないか」「危険な映画だ」「不安を抱かずにはいられない」「自己憐憫的な過激派を下手に刺激してしまうのではないか」

米軍もそう警戒し、異例の警告を発する事態になったそうです。

スポンサーリンク

JOKER映画2019を考察してみた!

「傑作」だと評価される気持ち、「警戒」されるほど危険だと感じる気持ちを一緒に考えてみましょう♩

ジョーカー」を観ていると、いかにして彼がジョーカーになってしまったのか、その過程が酷く痛々しく、悲しい人生だったことによってできたのだと思うと、感情移入してしまうのは仕方がない事だと思います。

母の言葉によってコメディアンを目指し、日々ピエロに扮して必死に仕事をしていたアーサーも誰も笑ってくれない、むしろ「気色悪い」と貶されて遠ざけられ、嘲笑されてしまうのはとても辛いものであり、悲しくもあって怒りたくもなります。

社会からは見放され、好きな人から軽蔑され、憧れの人からは笑い者にされ、そして唯一の心の拠り所であった母との衝撃的な事実を知ってもなお、絶望して心が折れない人間はいないのではないでしょうか。

私は個人的に「ジョーカー」を観ているうちに、だんだんとアーサーと自身を重ねて見てしまい、自身にも似たものを感じ、「自分を虐げてきた社会を破滅へと追いやる」ジョーカーの姿を観て、正直羨ましいと感じました。なので、ジョーカーの事が好きになり、この映画は「傑作」だと思いました。

ただ、“自分もジョーカーになれるのではないか”、“自分も虐げられてきた社会に復讐してみたい”などと思ってしまうぐらいに感情移入してしまったので、「ジョーカー」の映画を観た人によって犯罪を助長させてしまうのではないかと思って警戒してしまう気持ちも分かる気がしました。

スポンサーリンク

まとめ

さて、2019年公開の映画「ジョーカー」が“傑作”だと評価されること、一方で危険だと思われて“警戒”されていること、その両方の考察も合わせてお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか?

「ジョーカー」を観て、個人的に考察し、アーサーに感情移入して“この作品は傑作だった“と思う人もいれば、これを観てもし犯罪が増えたら…と思って絶賛するのはいいが危険なのでは?と“警戒”してしまう気持ちが分かる人もいると思います。

ただ、フィリップス監督や主演のホアキン ・フェニックスさんが言うように、「社会的意義がある」作品なので、ぜひ映画館で「ジョーカー」を観に行ってみてください♩

最後までご愛読下さいまして、ありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。