コナン映画純黒の悪夢あらすじやネタバレと口コミ感想をまとめてみた!おもしろい評判やつまらない評価はどちらが本当?

 
 
2016年に公開された名探偵コナンの劇場版20作品目となる「純黒の悪夢(ナイトメア)」を知っていますか?
 
ゲストキャラクターのキュラソーの声を担当した天海祐希さんの声優ぶりが上手いと感想や口コミで話題になっていますね!
 
また、アニメや漫画で人気キャラクターとなりつつある赤井秀一安室透が初出演する作品でもあり、映画のあらすじやネタバレ、感想が気になるのではないでしょうか?
 
今回は、「純黒の悪夢」のあらすじ、ネタバレ、おもしろいといった評価やつまらないといった評判を紹介します!
 
スポンサーリンク

純黒の悪夢のあらすじやストーリー内容を解説

ある夜、警察庁に侵入者が現れ、1つのリストが盗まれてしまいます。世界中の秘密組織に潜入した諜報員の一覧のリスト、通称ノックリストでした。侵入者の逃亡を阻止しようとした安室透は車で追いかけている途中に、因縁の相手であるFBIの赤井秀一に遭遇します。しかし、侵入者は車道で起きた爆発事故と共に逃げてしまいます。
 
翌日、コナンと少年探偵団と阿笠博士の一行は、リニューアルオープンした東都水族館に遊びに来ていました。そこでコナンは、昨夜の事故で記憶を失ってしまったと思われるオッドアイの白髪の女性に出会い、記憶が戻るまで共に行動することになります。
 
施設内では手がかりを見つけることができませんでしたが、並外れた身体能力やオッドアイであることなどから、女性が黒ずくめの組織の一員ではとコナンは推測します。
 
同時にコナンは蘭を経由して内密に警察に届けており、身元の分からない女性は警察病院に輸送されます。
 
その裏では、行方をくらましたその女性、キュラソーを黒ずくめの組織のジンやウォッカが追っていたり、安室透も密かにキュラソーを調べてたりしていました。
 
果たして、黒ずくめの組織と潜入捜査員の安室透とFBIの赤井秀一、そして謎の女性のキュラソーはどのように関わっていくのでしょうか!
スポンサーリンク

純黒の悪夢の結末ネタバレや口コミ感想

ここからはネタバレ内容も含みますので、ご注意下さい!!
 
「純黒の悪夢」では初登場の安室透、「異次元の狙撃手(スナイパー)」で声のみ正式に出た以降、初めて映画に出た赤井秀一の活躍するシーンが多くあります。
 
物語の冒頭から2人とキュラソーも加えたカーチェイスが始まり、赤井さんと安室さんの観覧車の上で花火のような演出を背景に、激しいバトルなど、アニメにはなかった2人の絡みのある見どころのあるシーンがありました。
 
その迫力のある対決や2人で協力する姿などはとてもかっこいいです!!
 
 
また、そこには今回のゲストキャラクターで、黒づくめの組織のナンバー2のラムの右腕でもあるキュラソーが大きく関わります。
 
声を担当したのが大物女優の天海祐希さんで、本業の声優の遜色なく、コナン作品に見事に溶け込んだ素晴らしい演技をされています。
 
このように様々な魅力のある「純黒の悪夢」を評価する口コミはもちろんあります。
 
 

 

 

驚くべきことに安室透役を演じている古谷徹さんはTwitterのアカウントを持っていて、「純黒の悪夢」に関しての感想を述べています!
スポンサーリンク

純黒の悪夢の名場面や名台詞(セリフ)を紹介!

「赤井さんそこにいるんでしょ!?大変なんだ!力を貸して!奴ら、キュラソーの奪還に失敗したら、爆弾でこの観覧車ごと全てを吹き飛ばすつもりだよ!」

黒ずくめの組織をそっちのけで安室さんが赤井さんに戦いを挑み、第2ラウンドに差し掛かる前にコナンが発した台詞です。

観覧車の上で戦う様子がかつて描かれたことはあったのかという程、意外性抜群で大胆なロケーションでの肉弾戦は、迫力があり正に名シーンでした。

しかし、観覧車に爆弾がかけられていることに気づいたコナンは赤井さんに声をかけ、戦いは休戦ということになりました。

「堕ちろ!」

黒づくめの組織のジンやウオッカの乗るヘリコプターを打ち落とす時に、赤井秀一が弾丸と共に放った一言です。

赤井さんの銃のスコープが壊れていて、ヘリコプターの弱点であるローター部分が暗くて見えなかったので、コナンと安室さんと協力します。

スナイパーである赤井さんの痺れる名台詞でした!

スポンサーリンク

純黒の悪夢は泣けると評判?

今作品はコナンファンの間では「泣ける作品」として有名になっていますが、その泣ける部分とはどこなのかをお教えします!
 
泣けると言われているシーンは2つあります。
 
 
1つ目は、安室透が観覧車の爆弾を解体している最中の回想シーンです。
 
アニメの304話「揺れる警視庁 1200万人の人質」にて佐藤刑事がかつて一時期だけ同じ課で働いた松田陣平は、大勢の命を救う為に観覧車の爆発によって死亡します。
 
その事を知っていて、松田の同期だった安室透はその事を思い出します。
 
コナンファンにとっては松田と安室透が同期ということや、過去に死んだキャラクターが登場したというこで泣けるのでしょう。
 
 
2つ目は、物語の終盤で、軸から外れて回転する観覧車に乗る少年探偵団達を救う為に、キュラソーが自分を犠牲にして観覧車を止めるシーンです。
 
黒づくめの組織の仲間だったキュラソーが、少年探偵団達の優しい心に触れて、子供達を守ろうとする一生懸命な姿がとても泣けます!
 
最後には担架で運ばれるキュラソーから、少年探偵団からキーホルダーが黒こげの状態で落ちてきます。
 
それを拾ったコナンの「記憶じゃなくて思い出だよ。もう、黒焦げに成っちまったけどな……」という台詞が本当に切ないです。

純黒の悪夢はつまらないと評価?

「純黒の悪夢」はコナン映画20周年の記念作品として、黒づくめの組織が登場するなどの大変な盛り上がりが見られました。
 
しかし、その中でもつまらないという声は全くない訳ではありませんでした。
 
ここでは「つまらない」コメントを紹介します。
 
 
「ミステリー要素がほとんどないのが、つまらない」
 
確かに言われてみると、ミステリーらしいコナンが推理や謎解きをしている場面は全くないとも言える程、見かけられません。
 
そもそもコナン作品ではお馴染みの人が死ぬような事件が「純黒の悪夢」では起こっていませんし、今回の事件の首謀者とは黒ずくめの組織であるので、ミステリー要素がないのは仕方ないかもしれません。
 
 
 
「アクション映画になっている」
 
コナンの映画作品にアクションは付き物となりつつありますが、今作では特にアクションシーンが多いです。
 
上記のミステリーが少ないのに応じて、アクションシーンが相対的に多くなっているのだと推測できます。
 
カーチェイスや爆発といった派手なシーンを取り入れることで、物語をより面白くさせようとしているからでしょう。
 
 
総じて考えてみますと、コナンのミステリーの部分がとても好きだった、アクションにはあまり興味がないという方に不評だった様ですね。
 

まとめ

名探偵コナン「純黒の悪夢(ナイトメア)」の迫力のあるアクションや赤井さんと安室さんがかっこいい!という口コミや評判が分かったでしょうか。

黒ずくめの組織が関わってくる数少ない映画作品でもありますので、観ても損はないと思います!

「純黒の悪夢」のおもしろい、つまらないといった感想をあなたなりに見つけてみてはいかがでしょうか?

純黒の悪夢以外のコナン映画作品の情報もご覧下さいね♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。