小針誠一の顔画像やツイッターとFacebookは?警視庁職員の汚職とは

落とし物として届けられた100万円を盗んだ疑いが持たれて警視庁府中署の会計課係長の小針誠一容疑者(49)が逮捕されました。

この記事では、警視庁職員にあるまじき汚職で逮捕された小針誠一容疑者の顔画像やSNS(ツイッターやFacebook)はあるのか調べてみました。

スポンサーリンク

小針誠一容疑者の顔画像は公開されている?

警視庁の職員でありながら汚職で逮捕された小針誠一容疑者の顔画像の有無を調べてみましたが、公開されているメディアはありませんでした。

警視庁職員でかつ係長との事ですから、顔画像の公開なんて簡単に出来てしまいそうですが、警察でかつ役職に就いている事から、流出を慎重にしているのでしょうか?

もちろん現在捜査中の為、まだ公開されていないという可能性は高いですが、いずれにしても毎回警察官の汚職についてはメディアへの公開が控えられていて、なんだかずるい感じもしてしまいますね・・・。

スポンサーリンク

小針誠一容疑者のツイッターやFacebookはある?

小針容疑者のツイッターやFacebookなどの情報は、現時点では公開されておらず、またアカウントの有無についても詳細な情報は得られませんでした。

最新の情報が入り次第随時お伝えしていきます。

またここでは、小針誠一容疑者のプロフィールを、現時点で把握出来ている範囲でお伝えして行きます。

小針誠一容疑者のプロフィール

小針誠一容疑者プロフィール
  • 氏名:小針誠一(こばり せいいち)
  • 年齢:49歳
  • 住所:東京都八王子市
  • 職業:府中署会計課職員
  • 逮捕理由:窃盗

警察の職員がこうして、事件事案で名前や住所などが公開されてしまうのは、なんとも悲しい事ですね。

住民の安全を守ったり、社会の規律を守って子供達に夢を与える立場の職業ですから、欲に負けない強い人間であって欲しいと願います。

スポンサーリンク

小針誠一容疑者の犯行内容と動機は?

そもそも落とし物の100万円をどの様にして盗難したのでしょうか?

事件の概要から振り返ってみましょう。

犯行内容

窃盗の疑いで逮捕されたのは警視庁府中署会計課の係長で、小針誠一容疑者(49)です。

2019年2月から4月までの間、警察署に落とし物として保管されていた現金総額100万円あまりを盗んだ疑いが持たれています。

落とし物として登録されていた現金の金額と、実際に金庫に保管されていた金額が異なっていたということで、当時拾得物の担当者だった小針容疑者が『現金を抜き取った』ことを認めたということです。

警視庁によりますと、小針容疑者は『盗んだ現金の保管期限が来る前に、別の拾得物の現金で穴埋めしていた。』と話していて、去年からあわせて余罪で約200万円ほどを盗んだ可能性があるということです。

犯行内容からしてかなりこ慣れた感じがしますね。

この事から常習性が高く、余罪も含めて慎重な調査が必要となって来そうです。

いずれにしても、取得物を管理する立場のしかも係長ともあろう人物が、権利を悪用して盗みを働いた訳ですから、警察としても厳重な処分が求められるでしょうね。

犯行の動機は何?

小針容疑者は警察の調べに対して犯行の動機をこの様に話しています。

犯行動機

『競馬の為に使った。』

呆れましたね。

警察ともあろう人物が。人の金を使って。競馬を楽しんでいたと?

競馬で勝ったらそのお金で、盗難した金庫に返して、余ったお金は自分のポケットマネーに。

そんな犯行を繰り返しでもしていたのでしょうか?

まったく信じられませんね・・・。

スポンサーリンク

犯行現場となった警視庁府中署はどこ?

こちらが警視庁府中署の位置です。

周辺の方で最近大きな落とし物をした方が居たら、もしかしたらあなたのお金が、小針容疑者の娯楽の為に利用されていたかもしれませんよ。

下の方には東京競馬場がありますね。

小針容疑者が盗難したお金を使用していたのは、もしかしたらこの競馬場という事でしょうか?

これも公務の一つとでも言って競馬場に侵入していたのかもしれませんね。

警視庁の厳重な対処及び、対応を望みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。