小林誠受刑者の顔画像や特徴に服装は何?実刑確定の男が刃物を持って逃走の詳細は?

神奈川県愛川町で窃盗の罪を犯して実刑が確定していた小林誠受刑者(43)が収監前に刃物を持って逃走したとの報道が入ってきました。

実刑確定している犯罪者が刃物を持って逃走だなんて、恐ろし過ぎます。

この記事では、逃走した小林誠受刑者の顔画像や特徴に服装はどのような物だったのか?

実刑確定男が刃物を持って逃走の詳細について調べてみました。

スポンサーリンク

小林誠受刑者の顔画像は?

現在報道各所から小林誠受刑者の顔画像の有無を確認していますが、いずれも公開されていません。

ネット上では、小林受刑者がどの場所から逃走しており、現在どのあたりに居るのかなどの情報を求める声が広がっており、せめて顔画像だけでも迅速に公開して欲しいという悲痛の声が寄せられています。

そうですよね。

犯人の顔画像さへ公開されれば、類似する人物を発見した際に逃げる事が出来ますし、様々な事情があるのは分かりますが、いち早く警察の方には情報を公開して欲しいと思います。

既に収監される直前だったという事は、何かしらの画像や写真が警察に保管されていてもおかしくないですからね。

スポンサーリンク

小林誠受刑者の特徴や服装は?

こちらに関しても現時点では公開されていませn。

現時点で分かっている事とすれば、刃物を持っているという事と、年齢が43歳である事、そして実名が公開されているという事だけです。

顔画像はもちろんの事、逃走した際の服装や身長、肌の色や体格などの詳細な情報がいち早く欲しいです。

横浜地検から横浜市内に刃物を持って逃走したのか、それとも犯行現場でかつ自宅付近である愛川町付近で逃走したのか、いずれにしても情報が少なすぎますので、周辺の方の不安な声はこの容疑者が確保されるまで、無くなる事はないでしょう。

スポンサーリンク

実刑確定の刃物を持った男が逃走の詳細は?

ここで今一度、事件の詳細を確認してみましょう。

事件の概要

神奈川県愛川町で窃盗の罪で実刑が確定した男が収監前に逃走した事が分かりました。

横浜地検によると、逃走したのは小林誠受刑者(43)で、小林誠受刑者は窃盗の罪で実刑が確定しており、19日午後1時半頃に横浜地検の係員が収監の為に自宅を訪れたところ、逃走したという事です。

関係者によると小林受刑者は刃物を持って暴れ、そのまま逃走したという事です。

係員への抵抗から暴れ、そのまま刃物を持って逃走しているとの事ですから、相当に気が立っている状態で居る事が予測出来ます。

そんな状態で野放しにされた犯人が居るとなれば、周囲で登戸の事件と類似する様な事が起きても不思議ではありません。

被害者を出さない為にも、早期に警察の方から情報を公開し、周辺の目撃情報などを集めていく事が重要な気がします。

犯人の一秒でも早い逮捕を願います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。