コナン紺青の拳のあらすじやネタバレと口コミ感想をまとめてみた!おもしろい評判やつまらない評価はどちらが本当?

2019年でも大ヒットした劇場版名探偵コナンの最新作紺青の拳(こんじょうのフィスト)は、映画館で既にご覧になったでしょうか?

見損ねてしまったけどネタバレや評判が気になる!という方や1度観たけど内容をわすれちゃったという方の為に、今回は「紺青の拳」のあらすじから口コミまでをまとめていきたいと思います。
 
 
またあらすじやネタバレだけではなく、名探偵コナン作品としてのおもしろい、つまらないといった評価や感想も踏まえていきます。
 
スポンサーリンク

紺青の拳のあらすじ

物語の舞台となるシンガポールでは、ある1つの事件が起こっていました。
 
マリーナベイサンズという総合リゾートホテル内のエレベーターで、腹部を刺されて死亡している女性が見つかりました。
 
殺害現場には被害者の血痕と共に、血にまみれた怪盗キッドの予告状が何故か残されていました。
 
 
一方、蘭達はというと400戦無敗の空手家と謳われた京極真(きょうごくまこと)の試合がシンガポールで行われ、それを観戦する為に鈴木園子と毛利蘭がシンガポールへ行くということになっていました。
 
しかし、コナンは工藤新一の幼児化した姿でありパスポートを持っていず、幼児化した薬の解熱剤を灰原哀から貰えなかった為にシンガポール行きを断念していました。
 
 
ところが、夜道で意識を失い次に目を覚ますと、コナンは暗く狭い場所にいまして、すぐにスーツケースであると見抜いて抜け出した外は、見知らぬ風景が広がっていました。
 
それに対して、よく知った自分の高校生の時と同じ顔の人物を見つけます。
 
それは工藤新一に扮した怪盗キッドでした!!
 
こうしてシンガポールにはコナン、怪盗キッド、京極真が集い、これまでにはなかった
新しいコナンの物語キッドと京極真の因縁の対決が描かれます。

 

スポンサーリンク

紺青の拳のネタバレや口コミ

ここからは「紺青の拳」のネタバレや口コミを載せていきますので、まだ内容を知らない、ネタバレを見たくないとう方はご注意下さい!
 
 
大ヒットした「紺青の拳」はTwitter上でも大人気で多くの方が「おもしろい!」「最高!!」などとコメントしています。
 
ストーリーに関することはもちろんなのですが、今回のテーマソングである登坂広臣さんの「BLUE SAPPHIRE(ブルーサファイア)」や原作者の青山剛昌先生の原画シーンを絶賛している声も見受けられます。
 
 

 

特に過去の劇場版作品で1度も登場しなかった京極真&鈴木園子のカップルの2人は、原作では書かれていないエピソードが描かれ、その点に触れている方もいました!
 
京極真はよく見てみると額の左側に常に絆創膏をしていて、その絆創膏は怪我の為ではなく、園子に簡単に言おうとしなかったある理由がありました。
 
それは絆創膏の裏に園子とのプリクラを貼っておいて、お守り代わりに付けていたようです。
 
この後のカチューシャを外した園子の姿もとても可愛らしく、京極真と園子のラブラブ具合を見せつけらてしまいましたね。
 
そんな無敗の京極真と相対した怪盗キッドは、マリーナベイサンズの事件の犯人ではなく、コナンの協力を得て危機から脱することができました!

 

スポンサーリンク

紺青の拳はおもしろいと評判?

これまでに映画の中でコナンとキッドが協力する場面はありましたが、物語の中盤以降から必要に迫られて休戦し、タッグを組んでいました。
 
しかし、今作では開幕早々キッドがマリーナベイサンズの事件の容疑者として危機に陥っていたので、冒頭からコナンとキッドが一貫して協力体制をとるという珍しい形になっています。
 
文句を言いつつもキッドに協力するコナン工藤新一に扮する怪盗キッドの2人で真剣に推理する姿が仲睦まじいです。
 
 
「紺青の拳」の1番の特徴と言えば、コナンがコナンとして登場する場面が圧倒的に少ないことです。
 
パスポートを持っていず、物語の中心となるとシンガポールに行っていないことになっているので、現地人のアーサー・ヒライとして登場します。
 
これ程、主人公が主人公としていられない映画は他にないでしょう!
 
また、いつもは工藤新一だとバレずにコナンでいようとするのに、今回だけはコナンでなくアーサーであろうとするのも奇妙でおもしろいですね。
 
 
そして、最大のポイントは、京極真が初めて映画に出演したという点です!
 
それによって、京極真に関連するキャラクターの重要度が上がり、特に園子が映画のメインとなるのは「紺碧の棺(ジョリーロジャー)」以来です。
 
 
京極真のアクションもアニメ以上の迫力の臨場感の溢れる映像になっていて、私も劇場で手に汗を握りました!!
 
スポンサーリンク

紺青の拳はつまらないと厳しい評価?

 

Twitterでは絶賛される声が多くあった一方で、「つまらない」といった意見も少なくはありますが見られました。
 
そのつまらない点をいくつか挙げてみたいと思います。
 
 
1つ目は「京極真と園子にあまり興味がないので、多く登場してもおもしろくなかった」という意見です。
 
確かに映画のメインキャラクターとしてほとんどの場面に登場していたので、あまり好きでない方にとっては、どうでも良かったかもしれません。
 
 
2つ目は「アクションシーンや恋愛要素が多過ぎる」になります。
 
コナンの映画作品は、年々ミステリーよりもアクションや恋愛要素を重視して、キャラクターがより活躍するシーンを見せ場とする傾向があるので、それが嫌いな方には辛いかもしれません。
 
 
3つ目は「話の展開が読めてしまってつまらない」で、コナンファンにとってはよくあることです。
 
慣れている方だと登場した段階から犯人が分かる人がいるようですが、「紺青の拳」もそれに当てはまり、マリーナベイサンズという総合リゾートビルを中心としている為に、映画の結末に関しても想像ができたようです。
 
 
以上のような意見がありましたが、これはコナンが進化し変わり続けている証拠であり、長く続いてきた証拠なのではないのでしょうか!!

まとめ

劇場版名探偵コナンの第23作である「紺青の拳」のあらすじや口コミ、つまらないやおもしろいといった評価が分かりましたでしょうか?
 
 
平成最後のコナン映画作品にしてようやく初登場できた京極真や、工藤新一に変装しながらシンガポールの夜空を舞う怪盗キッドを観られるのは「紺青の拳」だけです!
 
既に小学館ジュニア文庫より文庫本が発売されており、DVDやBluRayも手に入る頃合いになりました。
 
 
これを機に「紺青の拳」を観て、あなたなりのおもしろさを感じてみてはいかがでしょうか。
 
紺青の拳以外のコナン映画作品の情報もご覧下さいね♪
 
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。