コナン2020最新映画の舞台は名古屋で決定?オアシス21が予告に映ったとの声が多数!

2020年に公開予定の「名探偵コナン」の最新映画の予告から、映画の舞台が予想されています。

その舞台とは、名古屋にある「オアシス21」という場所ではないかとされています。

今回は、何故そのように予想されているのかなどについて考察していきますので、最後までご覧下さい!

スポンサーリンク

コナン2020最新映画の公開はいつ?

2020年のコナン映画の公開日はまだ発表されていませんが、例年の傾向から2020年の公開日は予想ができています。

2019年の「紺青の拳」の公開日は4月12日の金曜日で、2018年の「ゼロの執行人」の公開日は4月13日の金曜日でした。

このことから、2020年のコナン映画の公開日も4月の2週目の金曜日である4月10日か、あるいは翌週の金曜日である4月17日になると思われます。

実際の公開日は正式な発表まで待つしかありませんが、公開日が分かるだけでもとても楽しみですね!

スポンサーリンク

コナン2020映画の舞台が名古屋と予想される理由は?

紺青の拳のラスト予告にオアシス21が映った?

2020年の映画予告は、2019年の「紺青の拳」にて公開されています。わずか十数秒の予告でしたが、その場所に見覚えのある人達がTwitterなどで、「オアシス21」が映ったとの声が挙がっています。

https://twitter.com/kazuha_176/status/1124914294909308928?s=21

 

映画の予告と実際の風景を比べている人もいて、確かによく観てみるとかなり近いですね!

これはかなり信憑性があるのではないかと思われます。

名古屋テレビ塔も映った!

「オアシス21」と同時に「名古屋テレビ塔」も映ったというコメントがありました。

 

今までのコナン映画の中でもタワーは登場し、「漆黒の追跡者(チェイサー)」にて東都タワー、「異次元の狙撃手(スナイパー)」ではベルツリータワーが物語の舞台となりました。

特に「異次元の狙撃手」は、工藤新一宅に仮住まいする沖矢昴の正体が分かった重要な映画でもありました。

今回もタワーが舞台となることは、とても納得できるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

コナン2020映画の予告で赤井の声にファンは歓喜!

2020年のコナン映画の予告をしたのは、大人気キャラクターの1人でもある赤井秀一でした!

コナンの正体を正確には知らないようですが、コナンの重要な協力者であります。

 

赤井さんの「届け……遥か、彼方へ!」という言葉に感動を覚えた人は多いと思います。

毎年、予告を行った人物がメインとなるストーリー展開になるので、2020年でも赤井さんが出ることは間違いないでしょう。

まだ正式にコナン映画には登場していないので、登場するだけでも嬉しいファンは多いと思うのですが、赤井さんがどんな活躍をするのかどうかとても楽しみですね!

スポンサーリンク

まとめ

2020年の「名探偵コナン」の最新映画の舞台についてお分かり頂けたでしょうか?

実際にオアシス21であるかどうかは、映画の最新情報が発表されるまで分かりませんが、本当に出てきたとしたらどんな話になるのか気になるところですね。

これからの名探偵コナンの最新情報に期待しましょう!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。