熊沢英昭の高校や大学のwiki学歴はどこで家族構成は?練馬区の住所はどこで息子は危険?

長男を包丁で刺して殺害したとして逮捕されたのは
農林水産省の元事務次官の熊沢英昭容疑者です。

熊沢容疑者は『川崎の事件と同じようにならないように考えた』という趣旨の供述をしているとの事ですが、一体どういう事でしょうか?

この記事では、熊沢英昭容疑者の高校や大学のwiki学歴はどこで、今回殺害された息子以外に家族構成はどんなものなのか?

東京都練馬区が住所と報じられていますが、より詳細な自宅の住所はどこなのか?

殺害された息子は危険人物だったのかなど、早速調べてみました。

スポンサーリンク

熊沢英昭容疑者の出身高校や大学のwiki学歴は?

出身高校

まずは出身の高校について調べてみました。

結果からお伝えすると、出身の高校は特定されていませんでした。

しかし、熊沢容疑者は『岐阜県』の出身である事が知られており、このことから岐阜県内の高校に通っていた可能性があると思われます。

ネット上では『岐阜高校』というワードが出てきますが、実際に通っていたかどうかは、不明です。

経歴を見れば分かりますが、熊沢容疑者はかなり頭の良い人物で、通っていた高校も進学校や学歴の高い高校に通っていたかもしれませんね。

詳細な情報が入り次第、随時お伝えして行きます。

出身大学

続いて出身大学です。

熊沢容疑者の出身大学は『東京大学』という事が分かっています。

しかも、学内でも特にエリートだったらしく、在学は『法学部』に所属していたそうです。

やはり相当に頭の良い方だったのでしょうね。

しかし法学部で司法を学んできた人が、まさか息子を殺害する形で法を犯してしまうなんて、なんとも皮肉な結末となってしまいましたね。

大学卒業後の経歴(wiki学歴)

熊沢容疑者は東大を卒業した後、1967年に農林省(現在の農林水産省)に入省しました。

その後2001年に事務次官に就任しましたが、牛海綿状脳症(BSE)の責任問題を問われ、2002年に早すぎる退官を強いられました。

優秀な人材であっても、環境問題の責任は一任される為、不本意な退官となったのではないでしょうか?

実際人一人の力でこういった自然感染の問題は解決できないと思います。

その割に、問題を起こした議員はいつまでも居座っていますよね・・・。

話が脱線しましたが、熊沢容疑者はその後、2005年~2008年まで、『駐チェコ大使』を勤めました。

外交にも積極的に携わってきたという事が分かりますね。

スポンサーリンク

熊沢英昭様容疑者の家族構成は?

逮捕された熊沢容疑者は、殺害された息子と、更に妻を含む3人で暮らしていたという情報がありました。

しかし、別の情報では娘が居る姿を近隣住民が目撃したとの情報もあり、やや錯綜している印象を受けます。

その為、現時点では断定的な事は言えませんが、今後情報が特定された際に、随時最新情報をお伝えして行きます。

ネットニュースでは警察官が駆け付けた際妻は不在であり、3人暮らしと報じられていたので、恐らくこちらが有力なのではないかと思います。

いずれにしても、息子を殺害するなんてかなり狂気な行動ですから、それなりの理由があったのではないかと思われます。

ちなみに調べていて分かった事があります。

今回殺害された熊沢容疑者の息子は、ネット上ではかなり有名な人物だったらしく、引きこもりゲーマーとの情報がありました。

更に親子関係はかなり悪かったらしく、息子のTwitterには母親を殴って爽快な気分だったなどの、信じられない言葉も発見されています。

この事から、家庭内で熊沢容疑者と妻は、息子の存在に危機感を感じていた可能性もありますね。

この事に関しては、追って別の記事でお伝えしようと思います。

スポンサーリンク

練馬区の住所はどこ?

さて今回の事件は熊沢容疑者の自宅で発生したという事ですが、報道されている住所をまずは、確認してみましょう。

東京都練馬区早宮4丁目』こちらが、報道されている住所です。

ここまでの情報ではかなり、範囲が広く表示されていますね。

報道で映された熊沢容疑者の自宅写真がこちらです。

こちらの画像を参考に、自宅住所の更に詳細な内容を特定する事に成功しました。

熊沢容疑者の住所詳細

こちらをご覧下さい。

画面中央よりやや左手に見えるこの建物は、報道された自宅の写真と一致していますよね?

この事から、こちらの住所が熊沢容疑者の正式な自宅住所である事が分かります。

以下上記住宅の住所です。

『〒179-0085 東京都練馬区早宮4丁目13−27』

ここで実際に事件が起きた訳ですね。

果たして熊沢容疑者はなぜ犯行に及んでしまったのでしょうか?

熊沢容疑者が警察の捜査関係者に話した息子の危険な一面とはどの様なものなのでしょうか?

スポンサーリンク

熊沢容疑者の息子は危険?

なぜ、熊沢容疑者の息子が危険なのかをまとめてみました。

上記で伝えた通り、熊沢容疑者の息子はひきこもりでゲーム業界で有名な存在であった事が分かっています。

そして、母(熊沢容疑者の妻)に対しても、これまで暴力をふるった事が度々あるようです。

そして、今回は近隣で行われていた運動会の騒音をめぐって熊沢容疑者と口論になったという事です。

また、逮捕された熊沢容疑者は次の様に述べています。

熊沢容疑者の発言

『(川崎市の小学生殺傷事件について)同じ様な事件にならない様にと考えた。身の危険を感じた。』

川崎市登戸駅で起きた事件においても、犯人の幼少期時代からの闇が度々報じられていますが、熊沢容疑者の息子に関しても、同様に闇をかかえていたのでしょうか?

例えば、運動会の騒音を聞いて『〇してくる。』や『〇してやる。』などの発言があったなど・・・。

いずれにしても、命を殺める事は絶対にしてはいけない事ですが、被害を出すくらいならば自分が・・・。そんな気持ちで犯行に及んだという事なのでしょうか?

ネット上では、もう少し早く、カウンセリングを受けさせる方が良かったのに・・・。などの声が挙げられています。

事件の詳細は今後更に明らかになってくるはずです。

詳細な情報が入り次第随時お伝えしていきますね。

それでは最後までお読み頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。