万葉集、梅の花三十二首序文とは?内容や意味、全文は?新元号『令和』に込められた思いは?

 

新元号が発表されましたね。

『令和』です。

今回は日本の歴史史上初めて、国内の歴史書から引用された形で元号が決定されました。

安倍内閣総理大臣は、新元号の発表について

『万葉集、梅の花三十二首から引用しました。』

とその内容の一部を読み上げました。

そこで気になるのは、万葉集梅の花三十二首とはどのようなものなのか?

内容や意味、全文はどのくらいあるの?

『令和』に込められた思いとは?

という事で早速調べてみました。

↓リアルタイムで記事作成中です。

スポンサーリンク

万葉集、梅の花三十二首とは?内容や意味、全文は?

『令和』の新元号の決定に関して、万葉集三十二首の序文からの引用であったとの事で、その序文を紹介します。

序文
時、初春の令月(れいげつ)にして、氣叔く風和らぎ、梅は鏡面の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す。

とっても綺麗な文章ですね。

それではこの序文の各言葉の意味について考えてみましょう。

初春の令月

初春は読んで字のまま、新しい春の訪れを表しています。

日本には四季があります。

空気が温かく、桜の花が咲き誇るこの季節を、日本では古くからその年の始まりと位置付けていました。

新元号が新しい時代の幕開けである事を意味している様に感じます。

『令月』は、何をするにも良い月、めでたい月。

という意味があります。

新たに元号を迎えて、これからの日本が明るく、良い国に発展していける様に、始まりに縁起の良い文字を持ってきた意図が見えます。

氣叔く風和らぎ

氣叔くという言葉はありませんが、叔氣(しゅくき)という言葉があります。

これは、新春の和やかな雰囲気という意味があります。

こちらもやはり、新しい春の訪れを、和やかに迎えたいという意図が見えます。

また後に続く風和らぎという言葉には、冬の厳しい寒さを乗り越えて、春を迎えれば和やかな雰囲気の中で厳しく冷たい風も和らぐという意味が込められています。

平成を厳しい冬の時代と捉えるのであれば、新しい時代(春)の訪れにより、厳しい風は和らぎ、和やかな時代が幕を開けるといった意味があるのではないでしょうか?

梅は鏡面の粉を披き

ここで注目したいのは『梅』です。

春と言えば日本人は桜の開花をイメージする方も多いかと思いますが、みなさんのご自宅の近くでも、桜よりも梅の花の方が先に開花しませんか?

古い詩の中では、桜よりも早く開花する梅の花を春の訪れとして紹介する作品が多く存在するのです。

そして、梅の花が披き(ひらき)、花粉を飛ばす様がまるで鏡面(表面を磨き綺麗にする事)の粉をまき散らし、道を磨いている様に感じた為このような表現をしたと考えられます。

 

つまり、梅の花が咲く頃、新元号にて新しい時代を迎えた日本の門出を、花粉(鏡面の粉)が綺麗に彩ってくれている。

こういった思いが込められているのだと思います。

蘭は珮後の香を薫す

蘭は開花時期が年間を通して非常に長い事で有名です。

開花させたい時期を見計らって、球根を植える事も出来ます。

つまり、ここであえて蘭を持ってきたのには、人間はいつでも花を咲かせる事が出来る。

その時期は人によって違うけれど。

という意味が込められています。

また、珮(はい)は『おびだま』の意味があり、帯に結び付ける縁起の良い球の事を示します。

つまり蘭のつびみは帯球となって、いつか開花した時に、その人の門出を香をつけて祝うだろう。

と捉える事が出来ます。

スポンサーリンク

新元号『令和』に込められた思いは?

安倍内閣総理大臣の会見中に、こんな言葉がありました。

『平成はにこにこ動画など、若者が柔軟な発想で作り上げた放送局も誕生しました。日本は世界に誇れる立派な国です。これからの日本を、一人ひとりが大きな花を咲かせて、和やかな国にして欲しいです。』

つまり、序文に照らし合わせると、人それぞれに開花の時期があり、一人ひとりが新たな時代の幕開けに大きな花を咲かせてほしい。その始まりとして、今が令月であり、これまで厳しい冬を過ごしてきた人にとっても、和やかな風が吹き、いつか蘭の花を咲かせる事となるでしょう。

こういった思いが『令和』には込められているのではないかと、思います。

スポンサーリンク

まとめ

衝撃的な新元号の発表の裏には、国民に向けた温かいメッセージが隠されているのだと感じました。

『令和』この二文字が、今後の日本にとって、発展の兆しとなる事を祈念致しまして、今回の記事は結びとさせて頂きます。

ご愛読ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。