MDMAを合成した学生は誰?顔画像やSNSを公開?松山大で教授が学生に合成麻薬を合成させた?

麻薬研究者の免許がないのにも関わらず、合成麻薬「MDMA」を学生に作らせたり、別の麻薬を所持した疑いがあるとして、四国厚生支局麻薬取締部(通称マトリ)が今月16日に、麻薬取締法違反の疑いで、松山大薬学部の岩村樹憲教授(61)を書類送検ました。

刑事ドラマなどでよく聞くこの薬の名前、知識がない一般の方ですら『なにやらやばそうな薬』というくらいは分かるはずですよね。

そんな、合成麻薬を免許がない教授が、まして学生に作らせていた?

にわかに信じがたいこのニュースに、合成させられていた学生は誰なの?

学生の顔画像やSNSは存在するの?

そもそも岩村樹憲教授はどんな人物で、なんの為にそんな事をしていたの?

という事で早速調べてみました。

スポンサーリンク

MDMAを合成した学生は誰?顔画像やSNSを公開?

現在MDMAを合成させられた学生の情報を調査していますが、捜査段階なのでしょう。

有力な情報は公開されていませんでした。

しかし、学生側も何をさせられているか分からずにやっていたとなれば、名誉回復と保持の為に教授や大学側を相手どって今後訴訟問題を起こす可能性はありますね。

その際には実名公開をする可能性が高くなりますので、追って情報を追跡していこうと思います。

スポンサーリンク

松山大で教授が学生に合成麻薬を合成させた?麻薬取締法違反容疑で書類送検!

そもそもなぜこの教授は、学生に対して合成麻薬を調剤させていたのでしょうか?

捜査関係者によると、岩村容疑者は医療薬学科の教授で、危険ドラッグなどの薬物を研究していたとの事です。

その際に、学生に対して合成麻薬を調剤させたことを認め

岩村容疑者
「勉強のためにやらせていた」

などと話しているとの事です。

 書類送検容疑は2013年、学術研究を目的として麻薬の製造などを行える麻薬研究者の免許がなかったにも関わらず、自身の研究室の学生にMDMAを合成させるなどした疑いが持たれており、警察は『麻薬取締法違反容疑』で岩村容疑者を書類送検しています。

スポンサーリンク

岩村樹憲の顔画像や経歴、プロフィールは?

  • 名前:岩村樹憲(いわむら たつのり)
  • 年齢:61歳
  • 出身:愛知県
  • 所属:松山大学、薬学部
  • 学歴:岐阜薬科大学 薬学研究科 薬化学

経歴

  • 1986/04~1991/03 岐阜薬科大学 薬学部 薬化学講座・助手
  • 1991/04~2004/03 岐阜薬科大学 薬学部 薬化学講座・講師
  • 2004/04~2007/03 岐阜薬科大学 薬学部 薬化学講座・助教授
  • 2007/04~ 松山大学 薬学部 薬学部医療薬学科・教授
  • 有機合成化学協会東海支部常任幹事
  • 日本学校保健会「薬物乱用防止教育HP作成委員会」委員
  • 日本学校保健会「学校における薬品管理マニュアル作成委員会」

一見して普通の教授といった印象を受けます。

まあ見た目から人相の悪そうな人ってなかなか居ませんからね。

薬学研究の分野において主に危険薬物の研究などを行っていたという事ですから、今回のMDMAの合成についても、その研究の一環であった事は納得できます。

しかし、それを管理する免許を持っていない中で、学生に合成させたという事が今回の問題点となっている様ですね。

スポンサーリンク

現役看護師の声

私は某大学病院の救命救急センターで看護師をしています。

同じ医療者として今回の事件を評価してみたいと思います。

まず問題点となるのは、麻薬合成の管理免許を持っていない中で、学生にそれらの合成を行わせたという事です。

通常救命センターだけではなく、病院では治療の一環として麻薬を患者に使用する事が数多くあります。

いわゆる医療用麻薬というものです。

これらは安全に使用する事で、患者の苦痛を最小限にしたり、効果的に治療を進める為に非常に役にたつ薬として重宝されています。

しかし、救命センターで働く医師であっても、麻薬の処方には麻薬処方箋番号の登録が必要であり、その番号を取得していない医師は麻薬を処方する事を禁止されています。

それだけ、管理が厳重かつ大変なものという位置づけなのです。

 

私達看護師も、これらの薬剤を医師の指示に基づき投薬する際細心の注意が必要であり、万が一破損や紛失があった場合には、県を通じて国に報告をしないといけないくらいのものです。

それを、免許の持っていない薬学部の教授が、しかも学生に合成させたとなれば、麻薬の紛失の危険性や、そもそも知識の不確かな学生が誤った管理を行い、世の中に不正に合成された麻薬が出回る可能性さえあると考えられます。

もちろん薬学研究は、いつの時代にも医学の発展を支える大きな柱となっていますから、無くすことは出来ません。

しかし、危険薬物であるからこそ、管理者も合成者も、そこにかかわる人間全てが安全を確保されている事が最低限必要だと考えられます。

今回の事件では、その安全性は確保されているとはとても言えない為、やはり岩村容疑者には、ことの重大さを重く受け止めて欲しいと思ってしまいます。

まとめ

学生が教授に合成麻薬を調剤させられるという衝撃的な事件に、私も耳を疑いました。

学生の情報が入り次第随時情報を更新していきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。