中山裕利恵さんはユースケ・サンタマリアの元妻で離婚していた?二人の馴れ初めは?

タレントで俳優のユースケ・サンタマリアさんと、13年の交際の後2004年5月に結婚していた妻の中山裕利恵さんが離婚していた事を、ユースケ・サンタマリアさんが出演番組内で衝撃の告白をしました。

離婚の詳細については知りたい方はこちらも参考にしてみて下さい。

この記事では、長年連れ添った中山裕利恵さんとユースケ・サンタマリアさんの馴れ初めについてお伝えして行こうと思います。

スポンサーリンク

中山裕利恵さん(元妻)とユースケ・サンタマリアさんの馴れ初めは?

ユースケサンタマリアさんと元妻中山裕利恵さんの出会いは、ユースケさんがまだ芸能活動を始める前からスタートしていました。

ユースケさんの話しによると、妻とはじめて出会ったときにお互い一目惚れで、恋に落ちたと話しています。

お互いの一目ぼれだなんて素敵な出会いですよね。

ちなみに、ユースケさんはこの当時妻である中山裕利恵さんの事を

小さくてよく笑う可愛らしい人。ムーミンのミィに似ている。

と話していたそうです。

ユースケサンタマリアさんと中山裕利恵さんが出会ったのは、ユースケさんの出身地である大分県でした。

交際を開始したあと、ユースケサンタマリアさんは俳優活動を開始して、上京したのですが、その当時はまだ東京と大分の遠距離恋愛だったそうです。

そんな二人が同性を始めたのは、結婚7年前の1997年からです。
同棲を開始したきっかけは、ユースケサンタマリアさんが俳優業に疲れて

うつ病を患ってしまった事が原因でした。

当時のユースケサンタマリアさんは、食事も喉が通らずに、周囲の芸能関係者から食事を誘われても、どうせ自分の病気のことを分かってくれるはずがないと思い込み、周囲の誘いも断っていたとの事でした。

ユースケサンタマリアさんはその後32歳のときに、うつ病が本格的に症状として出始め、その期間はなんと8年も続いたといいます。

中山裕利恵さんはそんなユースケさんを献身的に看病しましたが、やはり慣れない看病生活からお互いに気持ちが理解出来ずに、関係性が悪くなる事もしばしばあったという事でした。

そんな二人が結婚を決意した決手は〇〇だった!

これだけ長い期間の交際を経て、結婚の決手は実にシンプルなものでした。

2人が同棲生活を続けていたある日、中山裕利恵さんが何気なく私、もう35歳よとつぶやいたそうです。

それを見たユースケサンタマリアさんが、もしかして今プレッシャーをかけられている・・・?と感じ、そのまま勢いで結婚を決めたといいます。

長年交際していたにも関わらず、最後の決手は意外にも年齢を出された勢いだったんですね。

もしかしてこの時も、メンタル的に弱っていた事が関係していたのでしょうか?

だとしたら、結婚生活にこの時点で少なからず亀裂が入っていた可能性はありますよね・・・。

そうして、ユースケサンタマリアさんと中山裕利恵さんは

2004年5月18日に結婚。

その後、2004年7月28日に、東京都港区のお台場にあるフジテレビで、結婚報告をして記者会見を開いています。

スポンサーリンク

中山裕利恵さんとユースケ・サンタマリアさんに子供は居た?

そんな二人が、お付き合いから通算して約28年連れ添った後、突然の離婚を発表しました。

そこで気になるのは、お二人の間に子供は居たのかという事です。

これについては、結婚当初から現在に至るまで、妊娠および出産の報告は一度もなく、恐らく中山裕利恵さんとユースケさんの間に子供は居なかったのではないかと思います。

もしかしたら、ユースケさんのうつ病の事もあって積極的に妊娠出産は望まなかった可能性もありますね。

また、離婚を決意した理由の一つに、子供が居なかった事も少なからず関係していたのではないかと思います。

スポンサーリンク

まとめ

突然の離婚発表となった今回ですが、お二人は交際当時から関係性は良好であった事が分かりましたね。

しかしながら、お互いに一緒に居る事を選択しない何かがあったのでしょう。

今後お二人が違った道で、それぞれが楽しい人生を過ごされる事を、願っています。

それでは最後までお読み頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。