日本男女バスケ東京五輪出場決定?男子が最後に出場したのは?

来年に控える東京五輪。

日本バスケットボール界は危機的な状況にありました。

女子は国際大会で結果を出しているのに対して、男子はこれまで長い間ずっと低迷していました。

そうした中で、自国開催となる東京五輪ですら、開催国枠の獲得が困難な状況まで追い詰められていました。

しかし、開催国の維持を見せたい日本代表勢は、これまでにない程の努力と活躍を見せてくれました。

気になる男女の五輪出場の結果は?

男子が最後に出場した大会はいつ?

という事で早速調べてみました。

スポンサーリンク

日本男女バスケ東京五輪出場?

女子は前回大会で8位入賞を獲得しており、国際大会の成績から見ても五輪出場は問題ないとされていました。

しかし、男子はここ数年国際大会での勝利がなかなか獲得出来ず、苦しい時代を過ごしていました。

そうした中、男子は自国の維持を見せ、次回ワールドカップの出場を、自らの力で手に入れました。

この様な努力と結果をもとに、3月30日国際バスケットボール連盟は、コートジボワールにて日本の東京五輪参加についつ競技いたしました。

結果は?

結果は日本バスケットボール協会の三屋裕子会長が現地から映像で伝えました。

三屋会長
「5対5の男女、OKです!

本当にこれから日本一丸でオリンピックに向かっていきたいと思いますので、これからもよろしくお願いします。

本当によかったです」

そう喜びを語りました。

バスケットボールファンとしても、非常に嬉しい報告となりました!

しかも、今回五輪出場が決定したのは男女の5人制バスケットボールだけではなく、新しい競技として注目をあつめる3対3のスリーバイスリー男女も同時に出場が決定しました。

スポンサーリンク

男子が最後に出場したのはいつ?

男子が五輪に出場するのは実に44年ぶり。

長年、国際大会での低迷が続き、開催国枠の承認が得られていませんでしたが、21年ぶりに自力でワールドカップ出場権を獲得したという結果が、五輪出場の追い風となったことは間違いありません。

ちなみに44年前と言うと、1976年のモントリオール五輪がそれにあたります。

日本開催の五輪で、かつ長い低迷時代を乗り越えての出場となれば、より一層日本国内でのバスケファンが盛り上がる事となるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

日本バスケは世界に通用しない。

そう言われ続けた長い歴史の中で、海外で活躍する若手選手も非常に増えてきており、今大会を皮切りに、より多くのバスケットボール選手が世界に羽ばたいて行ってほしいと思います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。