おぎゆか(荻野由佳)が犯人確定!?山口真帆派をハブに?黒確定か!?

今月11日、渦中のNGT48が現在のチームを解体し、新体制に移行することを発表しました。

そうした中、いまだに昨年12月に起こった山口真帆への襲撃事件が闇に包まれており、運営はNGT48の再始動に躍起になっているように感じられる。

直近では、内部告発の学級会議にて、ベテラン5人が発覚!?などと報じられましたが

いよいよ革新的な情報が入ってきました。

おぎゆか(荻野由佳)が犯人確定!?

山口真帆派をハブに!?

黒幕確定か!?

という事で、早速見て行きましょう。

スポンサーリンク

おぎゆか(荻野由佳)が犯人確定!?山口真帆派をハブに?

荻野は12日に『フォトログ』と呼ばれるブログを更新し、解体されるそれぞれのチームにメッセージを送りました。

しかしこの時、チームGについては、菅原りこ、長谷川玲奈の2人だけを省き

『ひなた、まほ、つぐ、角ちゃん、愛菜ちゃん、りか、もふ、あゆたろう、みはる!』

と投稿していました。

これについて、省かれた二人の存在をファンから指摘されると、荻野は慌てて2人の名前を加えました。

これにより、荻野の黒が確定したとファンは思ったようです。

というのも、荻野は襲撃事件後に山口真帆からツイッターのフォローを外されています。

犯罪をそそのかしたか疑いのメンバーという位置付けにされていました。

そんな中で今回、おぎゆかが抜いた菅原と長谷川は、山口と仲が良く事件後も懸命に山口側に立っているメンバーでした。

あえてその2人の名前を消したという事は、山口真帆派への敵意があることのすべてを表していますよね。

スポンサーリンク

おぎゆかで黒確定!?

おぎゆか(荻野由佳)が疑われる要素として挙がったのはこれだけにとどまりませんでした。

荻野は今年3月10日にモバイルメールにて突然この様な配信をしています。

おぎゆか
『山口県でとってもきれいな桜を見られるところを見つけていきたい』『夏はガリガリ君の当たりがでる喜びをたくさん感じられたらと思います!』

ネット上ではこの事について、『山口県』は山口のこと、『ガリガリ君』は、事件後に激ヤセした山口を示していると指摘されました。

もちろん、これだけでは断定は出来かねますが、今回の件と擦り合わせて考えると、もはや意図的に言葉を述べて居ると言われてもおかしくはありません。

果たして真実はどこにあるのでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

さて現在世間を賑わせて居る、NGT48の国民的アイドルファンからの暴行事件。

さらにはその告発者は誰なのかという犯人探し。

ようやく大詰めに取り掛かり、今後さらに注目して見ていきたいと思います。

新しい情報が入り次第詳しくお伝えしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。