モンキーパンチ死去に妻がコメント。子供や死因は?

日本を代表する大ヒット作『ルパン三世』などで知られるマンガ家のモンキー・パンチ(加藤一彦)さんが今月11日に死去していた事が分かりました。

享年81歳での最期を迎えました。

突然の訃報に、漫画業界だけではなく日本中に悲しみと驚きの声が広がっています。

モンキーパンチ死去に妻がコメントか?

子供は居たのか、死因は何か?

など、気になったので早速調べてみました。

スポンサーリンク

モンキーパンチ(加藤一彦)死去に妻がコメント?

突然の訃報に日本中が驚きましたが、モンキーパンチこと加藤一彦さんに、妻は居たのでしょうか?

生い立ちやこれまでの経歴を調べてみましたが、どうならモンキーパンチさんは本名すら大々的に公開はしておらず、ファンの中でも彼が日本人であることすら知らないという人が多かった様です。

作風を壊さない為か、憧れか、モンキーパンチさんは家族の情報を一切公開していませんでした。

その為、妻の存在が確認出来ません。

しかしながら、もし存在するならば、今後何かしらの形でメディアに登場する事はあるかもしれませんので、その時のコメントに注目して行きたいですね。

また、モンキーパンチさんが生涯独身を貫いて、漫画制作に取り組まれていたのであれば、その作品の一つ一つが彼にとっての『妻』なのかもしれませんね。

そうして彼は、国民の心を盗んで行ったのでしょう。

(カリオストロの城の一場面より)

スポンサーリンク

モンキーパンチに子供は居たの?

こちらに関しても、妻の情報同様に公に公開されたものではなかった為、有力な情報はありませんでした。

ある意味、作品のキャラクターやそれに魅了されて育った私たちファン一人一人が、モンキーパンチさんにとっての子供なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

モンキーパンチの死因は?

そんなモンキーパンチさんこと加藤一彦さんの死因は、どうやら肺炎だった様です。

年齢から推測すると、誤嚥性肺炎の可能性が高いのではないでしょうか?

いずれにしても今後詳細な情報が少しずつ明らかにされていくかと思いますので、引き続き最新の情報を追って見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

日本を代表する漫画作家の突然の訃報に、日本中が驚きと悲しみに包まれていますが、彼が残した多くの作品は、これからも後世に引き継がれることと思います。

モンキーパンチさん改め、加藤一彦先生に心よりご冥福をお祈り致します。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。