桜真澄は誰?告発A子の正体は?顔や経歴、漫画作品は?

桜真澄さんという女性を知っていますか?

私はある話しを聞くまで、お名前を存じ上げませんでした。

実は彼女漫画家らしいのです。

そして、ある有名漫画家のアシスタントをしていたとの事なんです。

その漫画家の名前が『寺沢武一』。

あの『コブラ』を代表作とする、日本を代表する漫画家の一人です。

そんな寺沢さんが今世間の注目を集める事となっています。

【寺沢武一がセクハラか?元アシスタントが告発?】

有名漫画家の身に疑いをかけられたセクハラ疑惑?

寺沢さんが語るアシスタントA子の正体は?

浮上した女性、桜真澄は誰?

桜真澄の顔や経歴、漫画作品は?

という事で、さっそく調べてみました。

スポンサーリンク

桜真澄は誰?顔や経歴、漫画作品は?

名前:桜 真澄(さくら ますみ)

生年月日:10月16日

血液型:O型

年齢:公開されていませんでした。

職業:漫画家

寺島武一さんの元アシスタント

経歴

大阪学芸大学芸術学部デザイン学科を卒業した後、コナミコンピューターエンタテインメント大阪に就職しました。

その後ソニー系列の会社でも働いていたとのことです。

2004年に「四季物語」という漫画で賞をとって漫画家としてデビューを果たしました。

代表作としては、法律漫画を主に書いているとの事で、法律には詳しい?

のかもしれませんね。

こちらが桜真澄さんの漫画です。

ストーリー物というよりは、絵で見て分かりやすい法律の漫画。

といった感じですね!

スポンサーリンク

告発A子は誰?告白の経緯は?

さて今回の騒動のきっかけとなった内容をお伝えしていきます。

寺島武一さんが告発された理由は?

告発A子って誰のことなの?

という事で早速続きを見ていきましょう。

告発の経緯は?

そもそもなぜ寺島武一さんが告発されたのか。

事の発端はこうです。

証言
「奥様は別居され、先生は一人暮らしでした。日中はヘルパーさんやお手伝いさんが世話してくれても、夜は一人なのです」

こう語ったのは、昨春から寺沢氏のアシスタントを務めたアラフォー漫画家の、葵正美さん(仮名)でした。

寺沢武一さんと知り合ったのは、一昨年の9月のことでした。

特養老人ホームでのアルバイト経験がある葵さんが、寺沢武一さんの世話をしたことがきっかけで

証言
「先生は感激して、“うちのアシスタントになってください”と懇願してきたのです」

これが事の始まりでした。

 

葵さんの証言曰く、当時寺島さんには愛人の方が居たそうです。

更に葵さんはこう語ります。

証言
「イッちゃんが来るときは、私は先生に“着替える”“ちんちん拭いて”などと必ず命じられ、しばらく別室に待機し、事後処理もさせられるようになりました。“ここを拭いて”と…。」

そして寺沢武一さんの欲求は愛人だけではなく、アシスタントである葵さんにも向けられたといいます。

陰部を洗うときには下品な言葉をかけられたうえに、体をまさぐられたそうです。

さらにこうした要求を拒むと今度はこう言ったそうです。

証言
「“愛していないのになんでいるの?”“なんで触らせないの?”と聞かれたので、“私は漫画のお手伝いに来たんです”と強く言いました」

正直、アシスタントに来ているだけの人間に対して、こうした発言が出来るのだとしたら、私は全力で否定します。

 

そんな目的でお手伝いしている訳ではないですからね。。

しかし、葵さんにもどうやら原因はあるらしいのです。

酔った勢いで、寺島武一さんの悪口を動画に吐き出し、それを動画投稿サイトに投稿していたそうです。

それに怒りを覚えた寺島さんの、反逆だったのでしょうか?

いずれにしてもこの葵さんは、当時の事を

『奴隷の様な扱いだった…』と憤りを覚えているそうです。

そつした中で、寺島武一さんからのセクハラの被害を受けた!

と告発したのが今回の事の発端となっています。

これが事実ならば、日本を代表する漫画家の汚職に衝撃を受けますね。

告発A子って誰のこと?

さてここまでのお話で、大方予想がついている方も多いのではないでしょうか?

実は寺島武一さんが語る告発者A子とはこの葵さんのことです。

そして、葵さんは仮名を名乗っていますが、その後様々なメディアで情報を集めた所ある事実が判明しました。

アシスタント退去時期、Twitterにあげられたコメント、寺島武一さんとのやり取り。

全てがマッチする女性が一人居ました。

それが、冒頭でお伝えした、漫画家の

『桜 真澄』さんだったのです。

つまり、告発者A子の正体は、元アシスタントで漫画家の桜 真澄さんです。

スポンサーリンク

寺沢武一の反応、主張は?

この告発を受けて寺島武一さんの反応はと言うと、なんと自身のTwitterに、桜真澄さんに撮影されたとする、自身の陰部の写真を複数枚投稿したと言うのです。

流石にこれには私も驚きました。

現在その投稿は削除されたとの事ですが、そのご寺島武一さんは、ファンに不快な思いをさせたとして謝罪の意思を示しているそうです。

そして、気になる今回の一件の真相についてはと言うと。

寺島武一側のコメント

寺島さん事務所
元アシスタントのA子が「寺沢からセクハラ行為等を受けた」と週刊誌に売り込みをしました。

週刊誌には記事の掲載中止を要請しましたが、受け入れられず、その原稿は「人に対する礼儀や敬意を欠いたもの」でした。

寺沢さんが女性に撮られた動画や写真をTwitterに投稿したことは、「このような精神的な圧迫の中」の行為でした。

「投稿した写真その他によって、皆様に不快な思いをさせてしまったことは、本人も悔いておりますし、寺沢プロダクションとしても皆様に大変申し訳なく反省しております」

と、この様に謝罪しました。

うーん。

精神的な圧迫の中、あえて自らの醜態をさらす。

この様な行動を、果たして大の大人がするでしょうか…?

もっと別の要因があったのでは…?

と思ってしまいます。

スポンサーリンク

まとめ

記事の完成まで今しばらくお待ちください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。