武田俊之110円のコーラ強盗犯人の顔画像や経歴と驚きの犯行動機を特定?

危険なニュースでありながら、なぜか失笑してしまう事件が起きました。

5月6日午前4時頃、札幌市白石区のコンビニ店で弾性が刃渡り約15cmの包丁を男性店員につきつけ、『強盗だ!』と脅した後110円のペットボトルのコーラを奪ったとのことです。

犯人は札幌市豊平区の無職・武田俊之容疑者(48)で、犯行後も10分間店内に居座り、その後到着した警察により現行犯逮捕されたとのことです。

警察の調べに対して武田容疑者は容疑を認めているとのことですが、なんとも強盗にしては規模が小さい話に、ネット上でも犯人の犯行動機に疑問の声が寄せられています。

今回は札幌で110円のコーラを強盗した犯人で、武田俊之容疑者の顔画像や、経歴、

更には驚きの犯行動機についても調べてみました。

スポンサーリンク

武田俊之容疑者の顔画像と経歴

まずさっそく気になるのが、武田容疑者がどういう人物なのかということです。

現時点で分かっている武田容疑者の経歴です。

武田容疑者

名前:武田 俊之(たけだ としゆき)

年齢:48歳

職業:無職

住所:札幌市豊平区

最終職歴:不明

武田容疑者が住む札幌市豊平区は地図上で以下の位置になります。

なお、武田俊之容疑者の顔画像に関しては、公開されていませんでした。

スポンサーリンク

武田俊之容疑者の驚きの犯行動機を特定?

強盗でありながら、盗んだものが110円のコーラ1本という驚きの犯行ですが、この動機について調べてみました。

現在動機については警察が捜査を進めている段階です。

その為、詳細な情報は入手出来ませんでした。

しかし、さまざまな背景から犯行動機を予測してみました。

武田容疑者はわざと警察に逮捕された?

容疑者は、無職であり年齢も48歳と、再就職するにも厳しいとされる年齢です。

そんな中で、強盗を行えば警察に逮捕されるのは確実。

しかしながら、包丁を持参しているものの、誰もけが人などを出していません。

更には、犯行現場にそのまま居座れば警察が来ることなんて容易に考える事が出来ます。

そんな中でなぜ10分も店内に居続けたのか・・・?

もしかすると武田容疑者は、警察にわざと逮捕されたのではないか・・・。という

仮説が生まれました。

警察に逮捕されれば、留置所で3食食事が出る。

しかも税金で・・・。

お金も食もなく、110円のコーラすら変えない武田容疑者は、あえて逮捕されることで雨風しのげる場所と食事を確保したかったのではないか?

その可能性もあると思います。

もうひとつの可能性としては

武田容疑者に責任管理能力がなかった?

今回の犯行内容を聞いて、私が最初に口にしたのは『なにそれ・・・!?』でした。

成人した大人が、強盗に押し入った上に、盗んだのは110円のコーラ1本で更にはそのまま逮捕された?

にわかに信じがたかったのです。

110円のコーラ1本ですよ!?

もちろん犯罪に大小はありませんが、いずれにしても、正常な思考を持った大人がすることではありませんし、まして犯行内容が本当に馬鹿げています。

私は武田容疑者が、自ら自制することができず、精神的な障害を抱えている為に犯行に及んだ可能性もあるのではないかと考えています。

もちろんこういった犯罪事件において、責任能力が無かったという判決は正直あまり好ましくないのですが、動機の追及と共に当然視野に入れて捜査されるべき内容だと思います。

スポンサーリンク

まとめ

今回は札幌市で起きた110円コーラ強盗事件について犯人の武田俊之容疑者にフォーカスをあてて調べてみました。

また詳細な情報が入り次第、随時お伝えしていきます。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。