部下から信頼される上司の特徴は?

 

社会人になって7年、いろんな上司を見てきました。

尊敬するひと、どこか信用ならないひと。

この両者の違いは一体どこだろう。

僕も部下を育てる立場にあり、出きれば信頼される良い上司になりたいと思っています。

 

この記事は僕がこれまで見てきた上司の、両面の特徴をお話します。

これを読むと、あなたは信頼される上司に、一歩近づくことができます。

是非最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

話したがりより聞きたがり

多くの上司は、部下よりも経験してる為、問題に直面した場合にも対処の術を持っているはずです。

だから、部下はじぶんの考えや行動が合ってるか確認を求めることがあります。

そんな時、皆さんならばどの様にアドバイスをしてあげるでしょうか?

悪い例

部下の話しを遮って、じぶんの話をしたがる。

「そんなことも分からないの?俺の時はな・・・。」

こんな感じです。

部下は上司のコピーではないし、捉え方も違います。

その様な相手に対して、過去のじぶんの話しや一方的な意見を述べても、物事を正しく認識することは出来ません。

 

話してる途中に意見を遮るのはナンセンスです。

この子は何を思って、どんな行動をしたいのか?

それを確認する為に、最後まで話を聞きましょう。

良い例

部下の話しを最後まで聞いた上で、自分の意見を述べる

悪い例と間反対な行動を取っています。

まずは報告者の意見を最後まで聞きましょう。

最後まで聞いた上で補足的に後輩の意見や気持ちを引き出しましょう。

なぜそう思ったのか?他に疑問に思ってる事はないのか?

相手の価値観を情報収集して関わります。

 

最終的には、自分の意見をおまけ付きで提示する事で、フィードバックの質を高めます。

信頼出来る上司は、話し上手よりも聞き上手だと思います。

スポンサーリンク

「みえはる君」はだめ!

僕が一番信頼できないのは、「みえはる君」。

え?誰それ?

そう思われるかもしれませんが、実在する方の名前ではありません。

 

これは、先輩がゆえに見栄を張る。

だから「みえはる君」です。

どういう事かと言うと、部下の質問や疑問に対し、じぶん自身も分からないまたは知らない情報なのに、なんとなく答えてしまうひとの事です。

 

「あーそれね。あのー・・・まあこんな感じでやったら良いから!」

こういう方、皆さんの周りにも居ませんか?

僕はこういった上司は、その人自身もじぶんで成長を止めている、と思ってしまいます。

スポンサーリンク

分からない事は一緒に調べる

人間は忘れる生きもの。

どんなに一生懸命勉強したって、経験したって、覚えてる期間には限りがあります。

そんな中で部下の疑問に対して、すぐに返答が出来ないことだってあるのは当たり前です。

 

しかし信頼できる上司は「みえはる君」にはならず、僕も説明に自信がないから、一緒に調べて確認しよう。

そう言える方が多い。

 

部下は、中途半端な知識を植え付けられるよりも、一緒に確認する事で信頼度も増すし、なにより調べる過程で覚える速度が格段にあがります。

先輩のプライドなんて何も意味を持ちません。

後輩と一緒に成長しようとする姿勢が、大切です。

人を指導する上で、とても重要なポイントだと思います。

スポンサーリンク

怒った後にこそちゃんと褒める

やっぱり幾つになったって、他人から怒られると落ち込みますよね。

じぶんって出来ない人間だなーとか、また今日も怒られるのかなー。

こうして人間はネガティブな記憶を、根強く覚えてしまう所があります。

 

だからこそ上司は、部下の間違いを指摘しつつもやる気を損ねない様に関わる必要性があります。

 

そのためには間違ってる所を注意、指摘しつつも

「普段頑張ってる事は観てるから。間違いを正す事ができたらもっと良くなると思って期待してるよ。」

こんな風に言われたら、次も頑張ろうって思えませんか?

 

大事なのは、落ち込んだままにさせない事です!

再起のチャンスを与えて、やる気を引き出してあげるのが上司に求められる指導のスキルだと思います。

まとめ

この記事では上司は偉くもなんともないし、プライドが「みえはる君」になってしまっては意味がないという事をお話しました。

 

信頼できる上司というのは、常に向上心を持っています。

だからこそ、後輩の指導においても中途半端な知識や助言は絶対にしません。

人に教える事で、じぶんの知識が向上することを分かってます。

 

あなたの心の中にもし、「みえはる君」が存在するならば、この機会に是非お別れをして、信頼出来る上司への第一歩を踏み出してみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。